本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

試験の概要

JP1 Version 10 試験の実施内容及び認定基準は以下のとおりです。JP1技術者資格認定試験は、厳格・公正な評価基準のもとに採点されます。さらに、日立オープンミドルウェア技術者認定センターにて審査、認定を実施いたします。

JP1 Version 10 試験は、日立インフォメーションアカデミー日立ソリューションズ(CBT)ピアソンVUE(CBT)で実施しています。
それぞれ受験可能な試験科目が異なりますので、ご確認ください。

JP1 Version 10 試験実施状況

  •  日立インフォメーションアカデミーで受験できる試験
  •  日立ソリューションズ(CBT)で受験できる試験
  •  ピアソンVUE(CBT)で受験できる試験
  •  パートナー様および弊社社員が受験対象となる試験
キャプションを入れてください。
認定試験名 試験内容 認定基準 試験時間 受験料
JP1認定セールスコーディネーター
 
試験問題
10問
80%以上
正解
30分 5,400円
(税抜
5,000円)
JP1認定エンジニア
  
試験問題
20問
70%以上
正解
40分 6,480円
(税抜
6,000円)
JP1認定プロフェッショナル
(各カテゴリ別認定)

  • 統合管理
      
  • アベイラビリティ管理
      
  • ジョブ管理
      
  • 資産・配布管理
      
  • ネットワーク管理
     
  • ストレージ管理−バックアップ管理−
     
  • セキュリティ管理−情報漏えい防止−
     
試験問題
30問
70%以上
正解
60分 8,640円
(税抜
8,000円)
JP1認定コンサルタント
(各カテゴリ別認定)

  • 統合管理
      
  • アベイラビリティ管理
      
  • ジョブ管理
      
  • 資産・配布管理
     
  • ネットワーク管理
     
試験問題
30問
70%以上
正解
60分 10,800円
(税抜
10,000円)
JP1認定シニアコンサルタント 資格審査
申請
(Version 10)
JP1認定コンサルタントを4カテゴリ以上取得し、申請することで認定
  • * 日立製作所は、試験を日立インフォメーションアカデミー、日立ソリューションズ、ピアソンVUEに委託しています。

日立インフォメーションアカデミーで受ける試験

日立インフォメーションアカデミーでの受験は、試験準拠の講座を受講した後に、続けて試験を受験できる試験付き講座がおすすめです。
試験付き講座のお申し込みは、JP1講座からお申込みください。

定期試験日程・会場

日立インフォメーションアカデミーでの定期試験は、次の日程で行っております。

*
会場をクリックすると、新規ウィンドウが開きます。
  • * JP1,Cosminexus,HiRDB共通日程で試験を実施いたします。

試験開始時間

試験開始時間
試験のシフト 時間
第1回 9:30〜10:45
第2回 11:00〜12:15
第3回 13:30〜14:45
第4回 15:00〜16:15
  • * 同じ日に複数の試験を受験できます。
  • * 4回の試験シフトがあり、ご希望の試験シフトで受験できます。ただし、時間帯が集中した場合は、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。
  • * 各シフトの時間には、試験の諸注意の15分を含みます。

会場

東京会場

(株)日立インフォメーションアカデミー 東京研修センタ
<大森ベルポートD館 5階・12階>(新規ウィンドウを開く)
JR京浜東北線 大森駅北口より徒歩約3分/大森駅東口より徒歩約4分
京浜急行線 大森海岸駅より徒歩約5分

大阪会場

(株)日立インフォメーションアカデミー 大阪研修センタ
<日本生命梅田ビル11階>(新規ウィンドウを開く)
JR大阪駅より徒歩約10分
ホワイティ(梅田地下街)「泉の広場」M10番出口 右側階段昇 徒歩約2分

お申し込み

試験名、会場、試験日程をご確認の上、次の日立インフォメーションアカデミー「JP1試験お申し込み」からお申し込みください。

*
次のお申し込みページでは、同一試験コードでも開催時期により2ブロックに分かれて表示される場合があります。お申し込みの際、ご注意ください。
*
お申し込みの際、ご希望の受験シフト(時間)を「備考欄」にご記入ください。
*
受験料は事前入金となります。お申し込み受付後、「受験票」をメールで送付いたします。
*
受験当日、ご本人を確認できる顔写真付き証明書(免許証、従業員証、学生証、パスポートなど)を忘れずに持参してください。持参いただかない場合は、受験が無効になる場合がありますので、ご注意ください。
また、マークシート形式での回答となりますので、筆記用具(鉛筆・消しゴム)もご持参ください。


日立ソリューションズ(CBT)で受ける試験

JP1 Version 10 の一部試験科目は、日立ソリューションズCBTポータルでも受験可能です。

日立ソリューションズCBTポータルでの受験ポイント

  • 試験予約はWebから24時間オンラインでお申し込みできます。
  • 全国の試験会場からご都合のよい会場が選べます。
  • コンピュータを利用した試験方式により、受験後に試験結果がその場で分かります。
  • 受験料金のお支払い方法は、「クレジット決済/コンビニ支払い/バウチャー決済」からお選びいただけます。
  • 法人様向けサービスとして、受験チケット(バウチャー)の一括購入ができます。

日立ソリューションズCBTポータルでの受験要領は、次のWebサイトを参照ください。

ピアソンVUE(CBT)で受ける試験

JP1 Version 10 の一部試験科目は、ピアソンVUE(CBT)でも受験可能です。

ピアソンVUE(CBT)での受験ポイント

  • 試験予約はWebから24時間オンラインでお申し込みできます。
  • 全国の試験会場からご都合のよい会場が選べます。
  • コンピュータを利用した試験方式により、受験後に試験結果がその場で分かります。
  • 受験料金のお支払い方法は、「クレジット決済/バウチャー決済/(コールセンターからの予約に限り)現金・口座振込」からお選びいただけます。
  • 法人様向けサービスとして、受験チケット(バウチャー)の一括購入ができます。

ピアソンVUE(CBT)での受験要領は、次のWebサイトを参照ください。

試験出題範囲と試験出題例

JP1 V10 試験における試験出題範囲と試験出題例は、次のとおりです。

試験出題範囲(JP1 Version 10)

JP1試験の試験出題範囲は次のとおりです。

キャプションを入れてください。
認定試験名 試験の出題範囲
JP1認定エンジニア 「JP1エンジニア−機能概説−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(統合管理)
「JP1プロフェッショナル 統合管理1−システム監視−」
「JP1プロフェッショナル 統合管理2−システム設定−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(アベイラビリティ管理)
「JP1プロフェッショナル アベイラビリティ管理」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(ジョブ管理)
「JP1プロフェッショナルジョブ管理1−ジョブ定義・監視−」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理2−システム設定・運用管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(資産・配布管理)
「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理−デスクトップ管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(ネットワーク管理)
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理1−ネットワーク管理基盤−」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理2−システムリソース管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(ストレージ管理−バックアップ管理−)
「JP1プロフェッショナル ストレージ管理−マルチプラットフォーム環境バックアップ−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定プロフェッショナル
(セキュリティ管理−情報漏えい防止−)
「JP1プロフェッショナル セキュリティ管理−情報漏えい防止−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定コンサルタント
(統合管理)
「JP1コンサルタント 統合管理」
「JP1プロフェッショナル 統合管理1−システム監視−」
「JP1プロフェッショナル 統合管理2−システム設定−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定コンサルタント
(アベイラビリティ管理)
「JP1コンサルタント アベイラビリティ管理」
「JP1プロフェッショナル アベイラビリティ管理」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定コンサルタント
(ジョブ管理)
「JP1コンサルタント ジョブ管理」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理1−ジョブ定義・監視−」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理2−システム設定・運用管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定コンサルタント
(資産・配布管理)
「JP1コンサルタント 資産・配布管理」
「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理−デスクトップ管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定コンサルタント
(ネットワーク管理)
「JP1コンサルタント ネットワーク管理」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理1−ネットワーク管理基盤−」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理2−システムリソース管理−」 講座のテキスト内容から出題
JP1認定シニアコンサルタント JP1製品について、トータルソリューションを実現するためのコンサルテーションができるテクニカルスキルを修得したエンジニアを認定します。

試験出題例

JP1試験の試験出題例は次のとおりです。

キャプションを入れてください。
例題1
(JP1認定エンジニアより)
次の説明は、統合管理の機能について述べたものである。【    】に入る適切な語句はどれか。

統合管理では、ネットワーク、サーバ、アプリケーションなどの管理を、一元的に管理者の視点で監視することができる【    】の機能がある。
解答群
  1. 統合コンソール
  2. 統合監視ビュー
  3. 目的指向型統合ビュー
  4. 管理者視点コンソール
キャプションを入れてください。
例題2
(JP1認定プロフェッショナル ジョブ管理より)
JP1/AJS3でPCジョブの終了判定を次のように設定した場合の動作として、正しいものはどれか

判定結果:しきい値による判定
警告しきい値:5
異常しきい値:10
解答群
  1. 終了コードが 10 のときは、異常終了となる。
  2. 終了コードが 9 のときは、異常終了となる。
  3. 終了コードが 5 のときは、異常終了となる。
  4. 終了コードが −1 のときは、異常終了となる。

JP1認定シニアコンサルタント資格申請

JP1技術者資格認定の中で最上級となるJP1認定シニアコンサルタントは、次の条件を満たした上で、ご本人からの申請により認定されます。

申請条件

  • JP1 Version 10 の「JP1認定コンサルタント」資格を4カテゴリ(科目)以上取得

申請手続き

認定資格会員サイトにログイン後、「各種申請」-「JP1認定シニアコンサルタント資格申請 」メニューから申請ください。
※上記メニューは、JP1認定コンサルタント有資格者のみに表示されるものです。