ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

Linux信頼性強化サービスは、Linuxの基幹系システムへの適用が本格化している現状を踏まえ、その高信頼化を支援するサービスです。
基幹系システムへのLinux適用に際しては、OS障害発生時の解析や予防、性能ボトルネックの解析・対処方法などを充実させて、基幹業務に耐えうるLinuxプラットフォームを実現することが課題となっていました。これらの市場ニーズに対応すべく、これまでに日立がLinux関連ソリューションで培ったノウハウをもとに、統合サービ スプラットフォーム「BladeSymphony」をはじめとした日立のサーバ、ストレージ、ミドルウェアを含むお客さまのシステムを、安心して導入し運用できる環境を提供します。

Linux信頼性強化サービスを支えるソリューションのひとつとして運用・保守フェーズのシステム信頼性を強化するサービスでは、Linuxのプロフェッショナルエンジニアが中心になって問題の原因究明や対策を的確に行い、基幹系システムの安定稼働を支援します。万が一システムに障害が発生した場合には、日立が主体となりオープンソースとして開発しているメモリダンプ取得ツール「Linux Tough Dump」を活用して障害資料を採取し、原因の究明に役立てます。

運用・保守における信頼性強化サービスの詳細はこちらをご覧ください。