PLATFORM BUSINESS PLATFORM BUSINESS
プラットフォーム事業

BUSINESS ACTIVITIES BUSINESS ACTIVITIES 事業領域

アプリケーションサービス

  • 社会インフラを支える大規模で先進的な業務アプリケーション設計・開発および先進技術・ソリューションの提供

    アプリケーションの専門部門として、金融、産業・流通、鉄道、公共等、各業界のフラッグシップユーザーに提供する、大規模で先進的な「業務アプリケーション(※)」の設計・開発・保守を行い、社会になくてはならない重要なシステムを支えています。

    ※ お客様の業務活動の改革や、効率的な運用を実現するためのソフトウェアのこと。

    社会インフラを支える大規模で先進的な業務アプリケーション設計・開発および先進技術・ソリューションの提供

品質保証

  • 「品質の日立」を支える品質ソリューション

    日立の品質の尺度は、「お客様満足度」です。
    日立グループの最も重要なテーマ「Quality First:品質第一」をモットーに、社会インフラを支える日立製品の品質に責任と権限を持ち、お客様の情報システムの安定稼働に貢献するのが、品質保証部門のミッションです。グローバルに金融、公共、社会、産業分野のさまざまな業種やITプロダクツ(ストレージ、サーバ、ミドルウェア等)へ対応し、開発工程から稼働後の運用保守にわたり、品質の番人としてお客様視点での品質改善を推進します。
    また、サービス、デジタルソリューション・AIなど最新技術動向について積極的に取り組み、各事業グループ・事業部門と連携した品質関連ソリューションを提供しています。

    「品質の日立」を支える品質ソリューション

フロント事業支援

  • プラットフォーム基盤からクラウド・デジタルなどの成長領域までトータルでの提案立案、デジタルマーケティングによる案件創出などを通してフロント事業を支援し、事業拡大に貢献

    サービスプラットフォームビジネスユニットのケイパビリティを集約した高い技術力、およびパートナー商材を活用し、最適な組み合わせでのプラットフォームソリューション立案にてお客様のさまざまな課題を解決しています。顧客提案対応、注力商材の選定、デジタルマーケティングを活用した新規領域開拓、案件創出を行っているほか、マーケットリサーチやリード分析を通じた市場/顧客ニーズの洗い出しなどにより日立のフロント事業を支援。クラウド/デジタル/ミドルウェア/サーバ/ストレージに精通した知識と提案ノウハウをもって、市場ニーズと日立のフロント事業および商材のマッチングサイクルを回すことで、日立のIT事業拡大に貢献しています。

    プラットフォーム基盤からクラウド・デジタルなどの成長領域までトータルでの提案立案、デジタルマーケティングによる案件創出などを通してフロント事業を支援し、事業拡大に貢献

社内ITイノベーション

  • 日立のデジタルシステム&サービスセクターのデジタルトランスフォーメーションを牽引し、経営・事業およびグループ全体に貢献

    デジタルシステム&サービスセクターの社内ITとして、SI事業やサーバ・ストレージ事業のシステムエンジニアや設計開発部門、その他全てのスタッフ部門の従業員向けのITインフラ・業務システムの企画やサポートを行っています。IT戦略の立案と実行を担い、事業現場におけるデータ分析やRPA、IoT、コラボレーションツールなどのデジタルソリューションの活用を支援しているほか、提供施策の効果モニタリングやブラッシュアップ、従業員目線にたったユーザサポートも提供。技術とコンサルティングスキルの両方を活用しながらエンドユーザに近いポジションでデジタルシステム&サービスセクターの事業運営と成長を支援し、社内の働き方改革の推進にも貢献しています。

プロジェクトマネジメント統括

  • ICTソリューションの各プロジェクトをマネジメント制度・技術・人財・ナレッジの面で支えて、成功に導く

    ICTソリューションの各プロジェクトには、お客様は異なってもシステムインテグレーションに必要となる知識やノウハウは共通するものが多くあります。プロジェクトを成功に導くため、最新のマネジメント技術の動向や成功PJの分析からプロジェクトマネジメント制度を策定・改善したり、海外の日立グループ会社の制度整備を支援して、プロジェクトのガバナンス強化を行っています。また、国内外のプロジェクトへの参画から得られた成功プロジェクトのナレッジを横展開する基盤、プロジェクトを支えるプロフェッショナル人財認定制度も整備。DXや協創型ビジネスなど、多種多様なプロジェクトを成功に導くため、先進的なプロジェクトへの参画を通じたナレッジ獲得と横展開、制度化など新たな施策の検討も行っています。

ITプロダクツ

  • ストレージ製品をはじめとする競争力の高いプロダクツとサービスをグローバルに展開

    ワールドワイドでお客様の大切なデータを護り、社会やビジネスの変革を支えるデジタルITインフラソリューションビジネスを展開しています。海外拠点やフロント部隊と連携してマーケットのニーズをいち早く取り入れ、グローバルに競争力のあるプロダクトやサービスを企画し、それらを開発・提供しています。
    具体的には、サーバ、ストレージと組み込まれるソフトウェア(仮想化、データの読み書きの制御、装置間のデータコピー)、ミドルウェア(運用管理、アプリケーション基盤等)、オープンソースや他社製品のサポートサービスを提供しています。長きにわたり社会インフラを支えてきた製品と高度な技術力で、安心・安全なクラウド活用の促進やデジタルイノベーションの実現に貢献しています。また、脱炭素社会の実現に向けた企業の取り組みを支援するため、IT機器やシステム単位のCO2排出量の見える化など環境配慮型ITインフラソリューションの拡充も推進しています。

プラットフォームソリューションサービス

  • デジタル・トランスフォーメーションでビジネスを加速

    さまざまな企業がDXを進める中、企業活動を通じて得られるデータを効率的・効果的に蓄積・利活用することが企業の競争力強化や成長に不可欠な要素になっています。
    一方で業務ごとにデジタル化やクラウド活用が進むことで、データがサイロ化し統合的な分析や全体最適での意思決定の阻害要因となっているほか、クラウドシステムが乱立することでデータを安全に管理することが困難になっています。多くのお客様では、DXの全体像策定やデータを統合・分析するための基盤構築のノウハウ、セキュリティ対策や運用のスキル・人財不足が大きな課題になっています。
    日立は、多くの業界でDX推進の壁となるこれらの課題解決に向け、Lumada事業として培ってきたデータ利活用の技術・ノウハウを結集し、インダストリ・クラウド(※)として提供していきます。
    ※特定の業種や業界に特化したサービスをパッケージ化して提供するクラウドソリューションで、業種別クラウド、業界クラウドとも呼ばれる。


    DX推進で必要不可欠な、クラウドジャーニーを支えるサービス

    DXの推進には「組織や業界の枠を超えてデジタルでつながること」「データを適切に管理すること」「データ分析した結果を現場にフィードバックすること」が重要です。データ活用を下支えするためにはクラウド活用は必須で、お客様がめざすDXの姿に合わせてクラウド活用の成熟度を段階的にステップアップさせる、クラウドジャーニーへの継続的な取り組みが必要となります。
    日立は、社会インフラを担う多様な分野へのミッションクリティカルなクラウドサービスの提供やパートナークラウドとの密接な連携実績など、豊富な経験で得た知見と技術を活かし、お客様のクラウドジャーニー実現に向けて計画策定から移行・構築、運用までしっかり伴走します。上流検討を支援するクラウドコンサルティングに始まり、クラウドの環境構築や移行支援、IT運用の最適化や運用開始後のコストガバナンスなど、計画から運用まで幅広く対応します。

    詳細はこちら
    https://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/articles/dx_cloud_journey/index.html

    デジタル・トランスフォーメーションでビジネスを加速

技術・製品紹介

  • トータルセキュリティソリューション

    組織・システム・運用の面でセキュリティ強化と課題解決に貢献することをめざしています。一例として、「制御システムセキュリティソリューション」があります。OSアップデートやセキュリティバッジを当てるといった通常のITセキュリティ対策が困難な制御装置などには、その装置の周りにセキュリティ対策装置を配置するゾーン設計により、入口・出口・拡散防止対策を実施するとともに、セキュリティ監視の仕組みを導入。万一の場合にも、感染したゾーンだけを切り離して縮退運転することで、事業を継続することができます。社会インフラシステムの構築・運用実績、ノウハウ、およびインシデント対応経験を活かし、制御システムの安全・安心な稼動を支援します。

    詳細はこちら
    https://www.hitachi.co.jp/products/it/security/index.html

  • OSS(オープンソースソフトウェア)サービス

    お客様のシステムライフサイクル全般にわたり、各カテゴリにおいてOSSを安心して活用していただけるよう、クラウドをはじめビッグデータ、データベースなど多くの企業システムに対応できる、さまざまなソリューションをご提供しています。また、OSSコミュニティや標準化活動に参加し、OSSと関連技術の発展と普及に貢献しています。

    詳細はこちら
    http://www.hitachi.co.jp/products/it/oss/solution/index.html

  • Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービス

    データドリブンな企業経営に必要不可欠なデータの収集から蓄積・管理、継続的な活用までのデータマネジメントを推進するための基本機能をサービスプラットフォーム(※)化し、選択可能な形で提供するフルマネージドなクラウドサービスです。また、日立がこれまでの協創案件で培ってきた数多くのユースケースから、DX戦略および業務構想の策定を支援し、その実装に必要なデータモデルを構築するとともに、適切なセキュリティ対策やインフラ運用までを担うことで、お客様のDX実現に貢献します。
    ※用途別に必要となるIT基盤の標準的な構成をパッケージとしてまとめたもの。
    詳細はこちら
    https://www.hitachi.co.jp/products/it/security/index.html

  • ミドルウェア

    お客様のビジネス革新や業務品質・効率の向上を柔軟に実現する、IT基盤製品群を提供しています。日立が、システムソフトウェアで長年培ったミッションクリティカル対応、高信頼化技術を継承し、最先端のITを駆使した幅広い製品ラインアップで、オープン環境での基幹系業務の実現、時代やお客様のさまざまなニーズに応えています。
    ビジネス環境の複雑化や変化のスピードに追随し、迅速・柔軟なITシステム運用を可能にする統合システム運用管理「JP1」は、人に依存しないIT運用の実現をめざし、複雑化・多様化したシステムにおけるさまざまなデータとその関係性を統合的に管理します。操作や制御の一元化や機械学習(AI)の活用によってIT運用の自律化を加速しビジネスに貢献するインテリジェントなIT運用を支援します。
    また、ビッグデータ処理でお客様のイノベーションを加速する高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」(※)の超高速データベースエンジンの開発・提供などを通じて、変わり続けるビジネス環境において、正確で迅速な意思決定を支えています。
    ※ Hitachi Advanced Data Binder プラットフォームは、内閣府の最先端研究開発支援プログラム「超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価」(中心研究者:喜連川 東大教授/国立情報学研究所所長)の成果を利用しています。

  • ストレージ

    日立のストレージ製品は、世界の70を超える国や地域で販売され、世界各地でお客様の大切なデータを護り、社会やビジネスを支えています。
    中核製品であるエンタープライズストレージ「Hitachi Virtual Storage Platform(以下、VSP) 5000シリーズ」では、デジタルビジネスを加速する高速性、変化に対応する即応性、社会を支える高信頼性に加え、CO2排出量の削減など脱炭素社会の実現への貢献を追求しています。
    また、ストレージ機能をソフトウェアで実現するソフトウェア・デファインド・ストレージ「Hitachi Virtual Storage Software」を提供しています。日立独自のデータ保護技術による安心と、導入・運用の手軽さを両立し、汎用サーバ上で動作することが可能です。今後は、パブリッククラウド上に展開し、高信頼なクラウドストレージを実現します。
    これらの製品を活用し、グローバルで多くの基幹システムを支えてきた日立のストレージの仮想化技術をはじめとするデータ管理・運用技術をクラウドへ適用範囲を拡大したハイブリッドクラウドソリューションEverFlex from Hitachiを、2021年10月から提供開始しました。本ソリューションは、複数の拠点に散在しているデータを、場所を意識せず透過的かつ高信頼に連携することで、お客様の安全・安心かつ自在なデータ利活用を可能にするデータ基盤をサービス型で提供するもので、IaaS環境、データベース環境などサービス提供範囲を順次拡大していきます。

    ストレージ

    *EverFlexは、Hitachi Vantara LLCの商標または登録商標です。

    詳細はこちら
    日立ストレージソリューション
    https://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/index.html
    ハイブリッドクラウドソリューション
    https://www.hitachi.co.jp/products/it/everflex/

    ストレージ
  • サーバ

    近年、ビジネス環境の変化のスピードや複雑さが増す中、ビジネスを支えるITインフラの迅速な導入や柔軟な拡張、容易な運用を実現するために、ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)を導入する企業が増えています。日立は、ハイブリッドクラウドソリューションEverFlex from Hitachiの一つとして、HCIその導入から運用までワンストップで支援する「日立HCIソリューション」を提供しています。日立アドバンストサーバ「HA8000V」に「VMware vSANTM」や 「Microsoft Azure Stack HCI」を搭載し、統合システム運用管理「JP1」によるシステム全体のリソース監視や、運用の自動化を組み合わせて、導入後の運用負担を軽減し、お客様ニーズに幅広く対応した HCI環境をサービス型で提供しています。加えて、ハイブリッドクラウド環境のサポートを日立サポート360の窓口でワンストップ受付し、日立内の各製品のサポートチームが緊密に連携することで、迅速な問題解決を支援します。また、重要な社会インフラを支える基幹システム向けには、日立の高信頼サーバ「RV3000」と日立独自の高信頼化機能をアドオンした「VMware vSphere®」、最長10年の長期保守・サポートサービスを組み合わせた「高信頼プラットフォームソリューション」を提供し、システムの長期安定稼働の実現に貢献しています。

    詳細はこちら
    日立HCIソリューション:https://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/hci/index.html
    HA8000V:https://www.hitachi.co.jp/ha8000v/
    RV3000:https://www.hitachi.co.jp/rv3000/
    HA8000E:https://www.hitachi.co.jp/ha8000e/

    サーバ

    日立HCIソリューションとパブリッククラウド連携