ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

マネージドセキュリティ
サービス

日立のセキュリティ監視センター(SOC)の実績豊富なセキュリティエキスパートがお客さまのシステムのセキュリティ運用をサポートします。

これまで、オンプレミスやプライベートクラウド環境を対象として、日立グループ37万人が利用するIT基盤や大手金融機関、官公庁などのお客さま向けにセキュリティ監視サービスを提供してきました。その実践ノウハウを最大限に活用し、今回新たにパブリッククラウド(Amazon Web Services、Azure)を対象とするマネージドセキュリティサービスを開始。パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドや、オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークなど、さまざまなシステムの安全・安心な運用を支援します。

*
SOC:Security Operation Center

お客さまが契約しているパブリッククラウド(AWS、Azure)を監視し、
アラート通知や詳細分析、月次レポート提供を実施

概念図
*
AD:Active Directory
*
AWS:Amazon Web Services
*
FW:FireWall
*
VPC:Virtual Private Cloud

日立のマネージドセキュリティサービス(MSS)の特長

豊富な実績

大手金融機関や官公庁、大手製造業など150社以上のお客さま向けに、20年以上にわたりセキュリティ監視サービスを提供。

高い監視品質

最新の攻撃・脅威情報や当社が保有するインシデント事例の情報を分析し、検知ルールに実装することで、高品質なセキュリティ監視・分析サービスを提供。
ITシステム運用サービスとの連携が可能で、包括的に監視分析することでインシデント対応の迅速化、影響範囲の最小化に寄与。

社内実践
ノウハウ

日立グループ37万人が利用するIT基盤のセキュリティ監視の実践ノウハウを最大限に活用。

解説動画

関連リンク

*
Amazon Web Services、AWS、Powered by AWS ロゴ、Amazon Route 53、Amazon VPC flow logs、AWS CloudTrailは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
*
Active Directory、Azure、Microsoft 365、Microsoft Defenderは、マイクロソフト 企業グループの商標です。
*
本ページに記載の仕様は、製品の改良などにより予告なく変更することがあります。