ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

電子線の位相と振幅の両方を記録し、電子線の波としての性質を利用する技術を電子線ホログラフィーと呼ぶ。電子線ホログラフィーを実現できる特殊な電子顕微鏡がホログラフィー電子顕微鏡で、ミクロなサイズの物質を立体的に観察したり、物質内部や空間中の微細な電場や磁場の様子を計測したりすることができる。

日立製作所は、原子1個を分離して観察できる超高分解能な電子顕微鏡「原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡」を開発している。この装置は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の最先端研究開発支援プログラム(FIRST)「原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡の開発とその応用」により日本学術振興会を通じた助成を受けて開発(2014年に完成)された。

人気の用語

    最近追加した用語