ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インホイール式EVの実現に向けて小型・軽量のダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発

モーターで世界トップクラスのパワー密度2.5kW/kgを実現するとともに、モーター、インバーター、ブレーキを一体化してホイール内に搭載

ニュースリリース概要

発行日

2021年9月30日

タイトル

インホイール式EVの実現に向けて小型・軽量のダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所と日立Astemo株式会社は、脱炭素社会の実現に向けて普及が進むEV向けに、ホイール内部にモーターとインバーター、ブレーキを一体で搭載可能な小型・軽量のダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発しました。開発したモーターは、EVの走行に必要となる高い駆動力をホイールに直接伝えるとともに、モーターを軽量化することで、パワー密度として世界トップクラスの2.5kW/kgを実現し、従来のインホイール式で課題だったホイール内の重量増加を大幅に抑制しました。また、小型化したモーターにインバーターとブレーキを一体化することで、サスペンションなどの既存構造を大きく変更せずにホイール内部への搭載を可能としました。さらに、開発したインホイール式EVでは、ドライブシャフトなどの間接機構を廃してモーターの力をそのままEVの走行に利用することで、既存のEVに比べてエネルギーロスを30%低減し、一回の充電で走行できる航続距離を増やすことができます。 今後、日立と日立Astemoは、本技術の実用化に向けた研究を進め、車内空間やバッテリー設置スペースの拡大が容易なインホイール式のEVの実現に貢献していきます。また、日立Astemoは今回開発したダイレクト駆動システムやこれまで培った車両制御技術を基に、EV向け製品をより幅広いラインアップでグローバルに展開することをめざします。

  • ページの先頭へ