ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

河川氾濫による水害の最小化に向けて、ダム放流計画の自動作成技術を開発

100年に一度の大雨でも緊急放流を回避し、下流のピーク流量を最大約80%低減、浸水を防ぐことが可能な放流計画を10分以内に立案

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2020年12月15日

タイトル

河川氾濫による水害の最小化に向けて、ダム放流計画の自動作成技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所と株式会社日立パワーソリューションズは、大雨による河川氾濫の最小化に向けて実効性のある対策の確立を支援する、ダム放流計画の自動作成技術を開発しました。本技術では、新たな数値最適化手法を用いることで、ダム下流の河川流量を可能な限り抑える放流計画を自動作成します。


[画像]ダム放流計画立案支援のイメージ

  • ページの先頭へ