ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年10月15日

タイトル

社会イノベーション事業の加速に向けて、お客さまの課題をともに検討する顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を構築

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、お客さまとともに事業機会を探索、発見し、新事業コンセプトを創生してビジネスモデルを検討するための手法、ITツール、空間を体系化した顧客協創方法論「NEXPERIENCE(ネクスペリエンス)」を構築しました。

研究開発グループではお客さま起点型の研究開発をグローバルに推進するため、本年4月に、お客さまと課題を共有し、新たなソリューションを協創する組織として「社会イノベーション協創統括本部」を新設し、「東京社会イノベーション協創センタ」を設置しました。当センタでは、デザイナーとサービス工学を専門とする研究者が集結し、独自のサービスデザイン手法に基づいてお客さまの課題抽出や、解決策を検討するツールのIT化に取り組んできました。

今回日立が構築した、手法、ITツール、空間を体系化した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」は、お客さまとの協創活動となるワークショップにおいて、質の高い議論や独創的なアイデアの創出を促進し、新規事業の開拓に貢献します。


顧客協創方法論「NEXPERIENCE」

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年10月16日
2015年10月15日
2015年10月16日
  • ページの先頭へ