ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、住商ファーマインターナショナル、住友商事と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2016年6月14日 株式会社日立製作所、住商ファーマインターナショナル株式会社、住友商事株式会社

タイトル

尿中代謝物の網羅的解析により、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体の識別に成功

リリース文抜粋

株式会社日立製作所、住商ファーマインターナショナル株式会社および住友商事株式会社は、尿中の代謝物を網羅的に解析することにより、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別する基礎技術の開発に成功しました。本開発では、尿検体から1,300以上の糖や脂質などの代謝物を検出し、そこからがん患者の尿を識別するバイオマーカー*1候補となる物質を10個程度まで絞り込みました。特定したバイオマーカー成分の含有量の違いから、健常者とがん患者の尿を識別することに成功しました。

今回得られた成果は、将来、受診者自身が尿検体を採取し、これを医療検査機関に送ることでがん検査を可能とする新しい検査スタイルの確立に道を開くもので、がん検査の受診機会の増大に寄与する可能性があります。今後、日立と住友商事グループはバイオマーカー候補物質の構造解析を行い、大腸がん、乳がん以外のがんの識別および実用化に向けた研究を推進します。

本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療分野研究成果展開事業、産学連携医療イノベーション創出プログラムの支援によって実施されたものです。


健常者、乳がん、大腸がん患者の尿検体の識別結果

*1
バイオマーカー: 血液中、尿中、あるいは体の組織内に含まれる物質で、身体の状態を知る上で定量的な指標となるもの。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2016年6月14日
2016年6月15日
2016年6月28日
  • ページの先頭へ