ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年2月27日

タイトル

顧客起点型のグローバルな研究開発体制を確立

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、お客さま起点型の研究開発をグローバルに推進するため、2015年4月1日付で、現在の中央研究所、日立研究所、横浜研究所の国内3研究所とデザイン本部および海外研究拠点を、「社会イノベーション協創統括本部」、「テクノロジーイノベーション統括本部」、「基礎研究センタ」の2統括本部・1センタに再編します。

新たに設立する「社会イノベーション協創統括本部」は、東京・北米・中国・欧州の4地域センタの研究者が、お客さまとともに課題を共有し、新たなソリューションを協創するフロント組織です。「テクノロジーイノベーション統括本部」は、国内3研究所を1つの統括本部に統合し、技術分野ごとの9つのセンタから構成されます。社会イノベーション協創統括本部が開発するソリューションに必要な技術基盤の強化や技術の融合、革新的製品の研究開発に取り組みます。「基礎研究センタ」では、長期的視点で最先端技術の研究開発を進め、未来の技術基盤の創生を図ります。

今回の再編では、先端技術のベストマッチにより、フロントの研究者がお客さまとともに課題解決のソリューションを協創する、お客さま起点型の研究開発体制を確立します。また、未来の技術基盤となる最先端技術の研究についても、グローバル・オープンラボとしてさまざまな研究機関と連携することで強化を図り、社会イノベーション事業のグローバル展開をリードしていきます。

研究開発新体制図

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年2月27日
2015年2月27日
  • ページの先頭へ