ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年11月14日

タイトル

電気自動車の走行可能距離を従来の2倍にする高エネルギー密度型リチウムイオン電池の要素技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、電気自動車の走行可能距離を従来の2倍にする電池技術を開発しました。

具体的には、電極の厚さを従来の2倍にし、充放電できるリチウムイオン量を増加させることでエネルギーを高密度化するとともに、新たに開発した3次元電極構造可視化の技術を用いて、リチウムイオンの移動の特性を明らかにし、リチウムイオンの移動を促進する電極内の活物質の分布を最適化することで高出力化を実現しました。

また、負極材として従来より用いられている炭素系材料に比べ、リチウムイオンを多く充放電できるシリコン系材料は、電極から剥がれやすく短寿命でした。そこで、シリコン系材料を強固に電極に密着させ、剥離を抑制することで、炭素系材料と同等の寿命を実現しました。さらに、正極材料においては、従来は高電圧を加えると電解液が分解し、寿命が低下していましたが、酸化物を正極表面に被覆することで、長寿命化を実現しました。これにより、これまで困難であったエネルギーの高密度化と高出力化、ならびに長寿命化の両立を実現し、電気自動車の走行可能距離を従来の2倍に伸張することが可能となりました。

高エネルギー密度電池技術の概要

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ASCII.jp (2014年11月14日)
  • レスポンス (2014年11月14日)
  • 日経テクノロジーオンライン (2014年11月14日)
  • 財経新聞 (2014年11月16日)
  • Auto Prove (2014年11月16日)
  • ITmedia スマートジャパン (2014年11月17日)
  • ページの先頭へ