ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年11月4日

タイトル

大規模プラント建屋内で大型部品をクレーン搬送するための経路を自動計画するシステムを開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、大規模なプラントの施工や保守工事において、配管や機器などの大型部品をプラント建屋内へクレーンで搬送するための経路を、高速に自動計画するシステムを開発しました。本システムは、大規模プラント建屋の3Dモデル上で、搬入開始地点と部品の設置・交換場所となる搬送終了地点を指定するだけで、搬送する部品と建物との衝突を回避し、クレーンでの作業効率に配慮した、搬送に最適な経路を1分以内に自動探索します。本システムにより、搬送経路を計画する時間を大幅に短縮でき、工期の短縮に貢献するとともに、建物や障害物との衝突リスクを低減することで、作業の安全性向上に寄与します。

今後は、台車を使った搬送など、本システムで対応できる搬送方式を増やすなど、システムの拡充を図り、原子力発電所の廃炉作業における部品搬出経路の計画策定に適用する予定です。

算出したクレーン搬送経路の画面

掲載先

このニュースは、以下の新聞などに掲載されました。

  • ページの先頭へ