ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

意識を見える化するサーベイ

従業員の「生産性」「配置配属」に関する意識を見える化し、一人ひとりがイキイキと活躍できるよう支援します。

1

サーベイを実施

  • 生産性サーベイ、配置配属サーベイにご回答いただきます。
  • 1サーベイにつき33問(お客さまごとにカスタマイズした追加設問も可能)です。
  • 所要時間は約10分/1サーベイです。
  • 個人因子(個人に対する意識)と、組織因子(所属組織に対する意識)の得点で従業員の内面を数値化します。
イメージ
2

サーベイ結果の受け取り

サーベイの結果は、因子を元に分析、以下の報告書を提供します。

  1. 「個人向け報告書」(従業員個人向け)
  2. 「組織向け報告書」(マネージャー向け)
  3. 「個別報告書」(会社全体)
イメージ
3

サーベイ結果の活用

  • 従業員一人ひとりへは、「個人向け報告書」によって自分の強み・弱みを客観的に把握し、行動の変容を促します。
  • マネージャーへは、「組織向け報告書」によってチームの状況を把握し、課題発見を促し、1 on 1 ミーティングなど面談での活用を促します。
イメージ
4

お客さま課題に対する施策立案の支援

サーベイの結果を踏まえ、お客さま人事部門の皆さまと、当社の技術・人事部門がディスカッションを行いながら組織の状態を見極め、具体的な人事施策立案へとつなげます。

イメージ

継続的にサーベイを実施していただくことで、人と組織の状態が追跡可能!

サーベイの因子モデル

生産性サーベイ

「生産性に対する高い意識を持ちながら働いているか」「所属組織はそれを後押ししてくれているか」などを見える化します。

イメージ図:日立が考える生産性向上の意識のモデル

配置配属サーベイ

「自分の配置配属に納得して働いているか」「組織風土としてそれを促進するものになっているか」などを見える化します。

イメージ図:日立が考える配置配属フィット感のモデル

レポートイメージ

従業員個人向けレポートの例

従業員個人向けレポートの例

マネージャー向けレポートの例

マネージャー向けレポートの例

マネージャー向けレポートの例

提供物一覧

# 提供物部数 提供方法 概要
1 個人向け
報告書
サーベイ
受検者分
個人宛に
メール連絡
個人宛に、自身のさらなる成長に向けて、気付きやアドバイスを提供
2 組織向け
報告書
人事部門向け:1部
各組織長向け:設定内容に準じた部数
報告会にて提供
(電子データは別途提供)
対象者全員分の結果をまとめた「人事部門向け」、「各組織長向け」のそれぞれについて、@Aを提供
※各組織長の提供単位は個別にご相談
例:事業部長、本部長、部長までなど
@全体サマリ 対象者のサーベイ回答結果の全体傾向を提示
※組織別では、標準値との違いに加え会社全体との比較も可能
A個人一覧表 対象者ごとの回答数値一覧。標準値と比べて注意が必要な数値には赤色網掛けがついており、組織の個々人の状況を把握可能
3 個別報告書 1部 #1、2の結果から読み取れるお客さまの現状や課題に対する考察、施策案などを提示
報告会では、本資料を中心にご報告