ページの本文へ

Hitachi

指静脈認証ソリューション

日立指静脈認証装置H-1 PC-KCA110標準添付CD-ROMについて【第2報】
 二要素認証機能対応、およびWindows Server® 2019対応のお知らせ

更新日:2019年11月7日

  日立指静脈認証装置 H-1 PC-KCA110に標準添付されているCD-ROMについて、下記の通りお知らせがありますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

対象製品

本お知らせは、日立指静脈認証装置H-1 PC-KCA110に標準添付されている「日立指静脈認証システム」についてのお知らせとなります。
別売りの「指静脈認証管理システム」は対応OSや機能等が異なりますのでご注意ください。

二要素認証機能対応

日立指静脈認証装置H-1に標準添付されている「日立指静脈認証システム」のCD-ROMについて、媒体表面に06FVM0016と表記されているものは、指静脈認証を第一の認証要素として、キーボードによるパスワード入力を第二の認証要素とする、二要素認証機能に対応しています。また、従来の指静脈認証のみの運用も可能です。
媒体表面に06FVM0016と表記されているCD-ROMは、2019年11月以降、順次出荷予定です。二要素認証機能を導入される場合は、媒体表面に06FVM0016と表記されているCD-ROMをご利用ください。
二要素認証機能を前提に指静脈認証装置を新規にご購入のお客様、あるいは古いCD-ROMをお持ちで06FVM0016と表記されたバージョンをお求めのお客様は、日立担当営業にお問合せください。

Windows Server® 2019対応

日立指静脈認証装置H-1に標準添付されている「日立指静脈認証システム」のCD-ROMについて、媒体表面に06FVM0016と表記されているものは、Windows Server® 2019に対応しています。
媒体表面に06FVM0016と表記されているCD-ROMは、2019年11月以降、順次出荷予定です。 Windows Server® 2019に指静脈認証装置H-1を導入される場合は、媒体表面に06FVM0016と表記されているCD-ROMをご利用ください。
Windows Server® 2019を前提に指静脈認証装置を新規にご購入のお客様、あるいは古いCD-ROMをお持ちで06FVM0016と表記されたバージョンをお求めのお客様は、日立担当営業にお問合せください。

日立指静脈認証システムの対応OSについて

日立指静脈認証装置H-1に標準添付されている「日立指静脈認証システム」が対応しているOSは以下の表の通りです。
指静脈認証装置をご利用の場合は、OSに対応したCD-ROMからインストールしてください。

PC-KCA100でのご利用について

「日立指静脈認証システム」06FVM0016は指静脈認証装置の前機種PC-KCA100でもご利用いただけます。
PC-KCA100でのご利用をご検討の場合は、日立担当営業にお問合せください。

今後の対応について

指静脈認証システムの新しい機能、WindowsおよびWindows Serverの新しいバージョンへの対応については、今後も引き続きご報告申し上げます。