ページの本文へ

Hitachi

情報・通信 サステナビリティ

“CFP”とは

  • CFP(カーボンフットプリント)とは、Carbon Footprint of Productsの略称で、(一社)サステナブル経営推進機構が運営する環境ラベルプログラムです。
  • 製品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでにライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガス排出量をCO2に換算します。
  • 企業は、製品やサービスに分かりやすく「CFPマーク」を表示します。

CFPは、製品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでにライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガス排出量をCO<sub>2</sub>に換算し見える化するプログラムです。

CFPプログラムの目的

  • 製品(サービスを含む)のCO2排出量を「見える化」します。
  • 事業者と消費者の間でCO2排出削減量減行動に関する「気づき」を共有します。
  • 「見える化」された情報を用いて、事業者がサプライチェーンを構成する企業間で協力して更なるCO2排出量削減を推進します。
  • 「見える化」された情報を用いて、消費者がより低炭素な消費生活へ自ら変革していきます。

CFPプログラムへの日立の取り組み

CFPマーク

製品のライフサイクルでの環境負荷を定量的に把握し、より専門性、透明性、中立性の高い情報開示をするためにCFPプログラムに取り組んでいます。

CFP宣言認定までの流れ:1.(一社)産業環境管理協会が認定したLCAエキスパートが算定基準認定・検証を実施(専門性)。2.算定基準および算定結果はCFPプログラムにて情報開示(透明性)。3.第三者による検証に合格した製品のみが「CFP宣言認定製品」として登録される(中立性)。

新規ウィンドウアイコン 新規ウィンドウを表示