ページの本文へ

Hitachi

セキュリティ

フィジカルセキュリティ

人々の暮らしを支える社会インフラのさまざまなシチュエーションにおいて、
セキュリティ強化とビジネス応用(業務改善・経営課題解決など)を実現します。

映像×AIによるフィジカルセキュリティ

日立では、社会インフラ事業の業務エリア(都市・工場・駅・ビル・テーマパークなど)に対して、防犯カメラやセンサーなどの物理デバイスと、当社がもつAI技術の組み合わせにより、「セキュアで安全・安心」「快適で効率的」な環境を実現するための、セキュリティの強化や業務課題の解決を提案します。
これにより、従来、コストとしてとらえられることの多かったセキュリティ対策を業務改善や経営課題解決などのビジネス応用として、投資へと位置づけることができるようになります。

セキュリティデータの集積・可視化・分析によるセキュリティの強化と業務課題を解決

多くの企業・組織がニューノーマルにふさわしい働き方を模索するなかで、在宅勤務が難しい工場や建設現場、施設警備、社会インフラ関連に従事する人々などさまざまな現場で働き続ける従事者に対しても、その安全と健康の確保、IT活用による生産性の向上を図ることが大きな課題となっています。
また、在宅勤務をしている従業員についても、その健康状態や安否を定期的に確認しながら、より快適で生産性の高い働き方をめざしていくことが求められています。
そのためには、オフィスや工場、現場、自宅などの働く場所に依存せず、一人ひとりの従業員の安全情報や健康情報を企業・組織が常に収集・分析しながら、それぞれに適した働き方や環境づくりをしていくためのIT基盤が必要となります。

映像・IoT基盤によるフィジカルセキュリティデータとソリューションの集約

日立は、さまざまな監視・警備業務で活用されている防犯カメラや設備機器、感染症対策向けの各種センサーなどから集めたデータをクラウドに集約し、AIで分析・可視化する「フィジカルセキュリティ向け映像・IoT基盤」の開発を進めています。
この基盤と各種ソリューションを連携することで、さまざまな場所で働く現場従事者の状態を詳細に把握しながら、安全管理や健康管理、業務改革などでの的確な判断と施策立案をトータルに支援。ニューノーマルにおける、お客さまの働き方改革と生産性向上を継続的にサポートしていきます。

フィジカルセキュリティの全体コンセプト

フィジカルセキュリティの全体コンセプト

  *
人に関するデータを取り扱う場合は、プライバシーに対する配慮を行い、適切な対策を講じます。
  *
映像データの利用に関しては、日立はお客さまとともに、個人情報保護法制の遵守やプライバシー配慮のための適切な対策を検討し、講じます。

フィジカルセキュリティソリューションによるセキュリティ強化と業務課題解決

日立は、現場のセキュリティの強化と業務改善を支援するソリューションやツールを幅広く取りそろえており、お客さまの業務課題に対応したシステムをスピーディーに構築することが可能です。
日立グループがもつ実績や技術は、既存の社会インフラ事業への適用だけではなく、ニューノーマルで発生する新たな課題に対しても応用され、その効果を発揮します。

セキュリティ運用の高度化・効率化によるソリューションイメージ

セキュリティ運用の高度化・効率化によるソリューションイメージ

現場業務支援によるソリューションイメージ

現場業務支援によるソリューションイメージ