ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

IoTで工場内のあらゆる機械設備と管理システムからデータを取り出し工場全体を「見える化」。さらにサプライヤーや流通業者ともつながることで、全体を俯瞰した最適化施策立案や、視野を広げたカイゼン活動への活用が期待されています。ここでは、工場IoT/スマートファクトリーを実現するユースケースをご紹介します。

製造現場支援

製造現場で作業者の動線を動画撮影し、リアルタイムに作業異常を検知および作業者の習熟度向上を支援_日立デジタルサプライチェーン(DSC)
製造現場の人の動線をリアルタイムに把握。正常作業との違いの検知や作業員の習熟度向上に役立てます。
製品不良兆候検知
安全性の観点で高い信頼性が要求される製品の場合、不良発生率の低減が特に重要な課題となります。製造装置から収集する稼働情報を解析し、潜在不良の発生兆候を自動診断します。
作業員安全支援
現場作業員/重機に装備/搭載したスマートフォンや動画カメラから、位置情報や現場映像を収集。地理情報システム「GeoMation」を活用して地図上に位置情報を表示し、現場映像を併せて表示することで、現場作業員の状況を遠隔の事務所からリアルタイムに把握可能とし、作業現場における安全管理を支援します。

品質向上

導入実績:株式会社ダイセル 製造ライン作業者の逸脱作業検知による品質向上
作業者の作業を常時監視。逸脱動作を検知し、監督者に通知します。
導入実績:株式会社ダイセル 溶接プロセスにおける画像解析による品質向上
高速カメラによる発光色分析で、製品の品質向上とトレーサビリティの精度向上を実現します。

生産計画・在庫管理

導入実績:株式会社日立製作所 大みか事業所 多品種少量生産の製造業における生産計画の最適化
RFIDの活用で、生産工程の進捗をリアルタイムに把握。作業者の様子とモノの動態データを分析し、より精度の高い生産計画の立案を支援します。
生産設備/現場システムのデータ集約による工程進捗のリアルタイム見える化
人手による組立工程の作業時間を見える化して、ラインバランシングの実現に貢献します。
生産状況の見える化と計画精度の向上による納期の遵守
生産状況や設備エラー情報などを見える化して問題点を分析。作業計画の精度を向上します。
生産、販売、在庫の可視化とシミュレーションによる在庫適正化
製品の多様化、製品ライフサイクルの短縮が加速する中、サプライチェーンの「見える化」だけでは、PSI(生産・販売・在庫)計画を 適切に判断することが難しくなってきています。在庫適正化ソリューションが的確な意思決定を支援します。
導入実績:オークマ株式会社 マスカスタマイゼーション実現に向けた生産進捗・稼働状況の可視化
「生産の見える化の進化」と「工場制御周期の高速化」をテーマに、先進のIoTと現場のノウハウを融合。マスカスタマイゼーションに対応する高効率生産の次世代モデルを構築し、最適生産を支援します。
バイヤ/サプライヤ間のサプライチェーン全体での供給リードタイムと在庫の削減
バイヤーとサプライヤー間で品目ごとの一連のサプライチェーン情報を時系列に共有することで、サプライチェーン全体の納期調整を支援します。
部品調達状況を考慮した生産計画策定の自動化による計画再立案/納期回答の迅速化
生産計画の立案に必要な部品の調達状況、引当状況、生産設備の能力、負荷状況をそれぞれ関連付けて見える化することで、迅速かつ的確な生産計画の立案と、正確な納期回答を実現します。
電子材料や自動車部品メーカーでの生産、販売、在庫の可視化とシミュレーションによる在庫適正
在庫サムネイルや在庫品目散布図という在庫管理に特化したビジュアル分析機能を用い、過剰在庫や欠品などの問題を早期に発見し対策を実施し、在庫の適正化を実現します。

関連リンク

◇IoT研修
日立神奈川事業所、日立大みか事業所 IoT適用事例ご紹介

スマートファクトリー 特集

オススメ記事