ページの本文へ

Hitachi

Lumada

溶接プロセスにおける画像解析による品質向上

高速カメラによる発光色分析で、製品の品質向上とトレーサビリティの精度向上を実現します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00839
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上
  • 導入実績:株式会社ダイセル

人が関与する現場において、ミスはどうしても発生するもの。生産現場において、材料の状態を定量的に把握することが、製品の品質向上、トレーサビリティの精度向上を図る上で有効です。日立の画像解析技術を用いて、高速カメラによる発光色分析で溶接異常をリアルタイムに検知します。

課題

検査作業の負荷低減と製品の品質向上を両立したい

  • 検査作業の負荷が大きい。
  • 不良品をリアルタイムに発見し、即時排出したい。
  • 不具合発生時、影響範囲の絞り込みが難しく、製品廃棄による損失が大きい。

解決策

作業時の画像を解析、異常をリアルタイムで通知

溶接作業時の飛散物(スパッタ)の状態、発光波長などの画像データと、印加電流などのプロセスデータを用いた解析をリアルタイムに実施。しきい値異常と判定した場合、監督者のウェアラブル端末にアラートを通知し、品質の向上に寄与します。

特長

発光色分析で溶接異常を検知

溶接面に傷や凹凸、傾きなどの異常がある場合、激しく火花が飛び散り、発光波長の偏りが生じます。

  • 溶接プロセスの高速カメラ画像と発光波長データを解析。発光色分析と既存設備の電流データなどを併用し、溶接異常を検知する方法を提供します。
  • 溶接プロセスの画像と製造実行システム(MES)の工程・タイムスタンプ情報を統合することで、不具合発生時の影響範囲の極小化が可能です。
*
MES:Manufacturing Execution System

成果

  • リアルタイム全品検査による目視検査の工数低減と品質向上。
  • 画像による溶接プロセスのトレーサビリティ精度向上。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00839

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。