ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

OLEによりドキュメント作成を効率化

OLEをサポートすることにより、SOLIDWORKSにMicrosoft® WordやMicrosoft® Excelなどのオブジェクトを貼り付けることや、そのオブジェクトをダブルクリックするだけでSOLIDWORKSの環境下でMicrosoft® Wordなどを実行することができます。また、その逆に、Microsoft® Word内にSOLIDWORKSオブジェクトを貼り付けることも可能。この機能により、設計の技術文書作成などの作業を効率良く行うことができます。

OLEによりドキュメント作成を効率化

多様なファイル形式をサポート

サポートするファイル形式
  入力 出力
標準CADデータ IGES、STEP、SAT(ACIS)、Parasolid、VDA-FS、DWG、DXF、STL IGES、STEP、SAT(ACIS)、Parasolid、VDA-FS、DWG、DXF、STL
多彩なCAD製品への対応 Pro/ENGINEER、Unigraphics、PAR(Solid Edge)、Mechanical Desktop、IPT(Autodesk Inventor)、CADKEY Pro/ENGINEER
多彩なグラフィックス表示・ストリーミング変換への対応 TIFF、VRML、CGR(CATIA graphics)、JPEG、HCG(Highly compressed graphics)、Viewpoint、 ZGL(RealityWave)、HOOPS TIFF、VRML、CGR(CATIA graphics)
  • * バージョンによっては対応していない形式もあります。

関連リンク