ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

SAP S/4HANA®は、アップグレードした後、SAP社が定めたサイクルに基づきバージョンアップする必要があります。
定期的な対応となるため、テスト工程など、必要な工程をいかに効率的に対応できるかが重要となります。

SAP S/4HANA バージョンアップサイクル

SAP S/4HANAバージョンアップは該当バージョンのメインストリーム・メンテナンス中に実施します。
日立が持つSAP S/4HANAバージョンアップの経験から、お客さまのご希望や状況などを盛り込んだうえで方針を決定し、ダウンタイムを最小限に抑えた効率的なバージョンアップを実現します。

SAP S/4HANA バージョンアップサイクル
SAP S/4HANA バージョンアップサイクル
2018年6月 SAPジャパン株式会社「最新のSAPソリューションご紹介」より抜粋、改訂
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

*
メインストリーム・メンテナンス:各リリースに適用される最初の保守フェーズであり、サポート範囲に含まれるすべてのサポートが提供される
*
カスタマー・スペシフィック・メンテナンス:メインストリーム・メンテナンス終了後に自動適用され、法対応やサポートパッケージなどは提供対象外

関連ページはこちら

機能拡張

  • * SAP®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。