ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

Hitachi Digital Solution for Logistics 配送最適化サービスHitachi Digital Solution for Logistics 配送最適化サービス

Hitachi Digital Solution for Logistics

配送最適化サービス

 

ムリやムダを省きながら物流リソースの最大化を図りつつ配送業務の自動化により人手不足の現場を支援いたします。

日立が提供するロジスティクス革新のうち、輸配送における高度化を支援するサービスです。
輸配送の計画業務で重要な条件(納品日時、物流センター・拠点位置、積荷・滞店時間など)をすべてデータ化。熟練者の経験を取り入れ、データ分析技術を活用し、他社にない実効性の高い配送計画の立案を実現いたします。

配送コストの抑制にお悩みではありませんか?

配送コスト抑制に関する課題と日立の配送最適化サービスが提供する解決案
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

配送業務のデジタル変革を実現する日立が考える配送計画最適化のアプローチ

従来の配送計画業務は、熟練者や特定の担当者の経験則を基に、アナログで考慮し得る限られたインプット情報がベースとなっており、そのノウハウや経験則も特定の人に蓄積され、属人化していたのではないでしょうか。
日立の考える配送計画最適化へのアプローチは、配送業務におけるさまざまな制約条件をパラメータ化しインプットとすることで、実効性の高い計画の立案が可能となります。実際に立てた計画と配送状況をリアルタイムにモニタリングし計画とのギャップを形式知化して確認することも可能です。

配送計画のアプローチ
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

配送最適化サービス概要

高精度な配送計画と業務分析環境をクラウドで提供、継続的な課題解決を実現します。

配送最適化サービス概要
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

■3つの特長

特長(1)配送計画の自動立案

日立の独自アルゴリズムにより、人手が介入することなく、高効率な配送計画を自動立案します。お客さまの計画業務工数を大幅に削減します。

特長(2)IoTでの配送モニタリング

配送実績をガントチャートなどで可視化することにより、立案した配送計画の評価を定量的に実施することができます。また、収集したデータを基に、計画と実績の予実比較が可能です。

特長(3)オープンなプラットフォーム

オープンなプラットフォームに構築されているため、他サービスとの連携を容易に実施することができます。IoTデータやお客さまデータなど各種データをつなげ統合的に分析可能なプラットフォームです。本サービスは、クラウド型で提供します。

 

■配送結果 ルート確認画面

配送結果ルート確認画面で車両ごとに何時にどこにいたのか詳細を確認できます。

配送結果ルート確認画面
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

導入事例

店舗の納品時間やトラックバースの制約が厳しい小売業で、配送計画業務の自動化、積載率向上によるコスト削減事例

■課題

お客さまの課題は、倉庫のバース利用スケジュールの制限により、バースの利用待ちが発生し、出発遅延や配送遅延が発生しておりバースの利用スケジュールを含めた配送計画が必要でした。

導入事例:課題
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

■導入効果

導入事例:導入効果
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す