ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

設計ルールの自動チェックにより、設計リードタイムの短縮を実現

設計ルールを参照し、ルール違反部位をチェックしエラー/ワーニングとしてハイライト表示します。
設計者は違反箇所を把握するとともに、その違反理由についても提示されるために、どのように修正すればよいか判断することが容易となり、設計品質向上および手戻り防止など設計リードタイム短縮を図れます。

*
対応CAD:SOLIDWORKS、CATIA V5

設計違反部位のハイライト表示

設計違反箇所を明確に通知、目視での抜け漏れを削減

違反箇所を3次元CAD画面上にハイライト表示します。設計者は問題のある箇所を視覚的に捉えられることができ、その後のCAD図面の修正をスムーズに行うことができます。また、これまで目視で行ってきた設計ルールのチェックをデジタルに実施することが可能となり、チェック時の抜け漏れ防止や、検図・設計レビューの効率化を実現できます。

あらゆる設計ルールチェックを実装可能な標準機能ライブラリ

専用チェックツールは不要。必要な設計ルールのチェックをニーズに合った検知ロジック・パラメータで実現

気付き支援CADシステムでは、お客さまニーズに合った設計ルールのチェックを実現する標準機能ライブラリを保有しています。標準機能ライブラリでは、「見つける = 部位検索」、「測る = 測定」 、「作る = 形状作成」など多数の機能が整備されており、機能の組み合わせ・順序を変更することで、各種設計ルールのチェックを実装可能となります。

日立では、すぐにお客さまへご提供可能な汎用設計ルールリストを保有しています。また、お客さま独自で実装したい設計ルールのものも、個別に実装を検討することが可能です。詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • *このページに掲載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す