ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
  • トップ
  • お知らせ
  • 「エンタープライズクラウドサービスG2」などが政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)に登録

株式会社日立製作所(以下、日立)が提供する「エンタープライズクラウドサービスG2」「エンタープライズクラウドサービス」「フェデレーテッドポータルサービス」は、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP:Information system Security Management and Assessment Program)において、政府が求めるセキュリティ要求を満たすサービスとして、6月22日にクラウドサービスリストに登録されました。

ISMAPは、政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスをあらかじめ評価・登録することにより、政府のクラウドサービス調達におけるセキュリティ水準の確保を図り、クラウドサービスの円滑な導入に資することを目的とした制度です。このたび、ISMAPに登録されたクラウドサービスは以下のとおりです。

エンタープライズクラウドサービスG2
自社で仮想マシン環境を構築したいお客さま向けに、高い信頼性を維持しながら、お客さまにて任意のタイミングで切り替えや一時的なテスト環境の構築など柔軟な運用が可能なクラウド基盤です。
エンタープライズクラウドサービス
お客さまの基幹システムを安心・安全にクラウド上で運用できるよう、高い可用性に加えて、バックアップや監視など充実したオプション機能を備えた高信頼なクラウド基盤です。
フェデレーテッドポータルサービス
エンタープライズクラウドサービスやパートナークラウドなどを組み合わせたマルチクラウド環境の仮想サーバーやネットワークなどのリソースを一元的に管理するWebポータルを提供するサービスです。

今回のISMAP登録を契機に、継続的な監査を通じて、より透明性を高く、政府情報システムをはじめとするお客さまにさらに安心してご利用いただけるよう務めてまいります。