ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
エンタープライズクラウドサービス G2

日立の高信頼クラウドが進化
柔軟で変化に強いシステムを実現!

「システム構成を細かく設定し、柔軟に変更・拡大したい」このようなお客さまの声から「エンタープライズクラウドサービス G2*7」が登場。お客さまの環境や利用状況に応じたシステムの拡大・変更が可能です。

*7
G2:Generation2(第2世代)

このようなお客さまにおすすめです

  • 度重なるシステムやネットワーク構成の変更に、迅速に対応したい
  • 最初は小規模のクラウドシステムを構築し、段階的に拡大したい
  • システム導入・運用作業を自社で行うことでコスト低減を図りたい

VMware CLOUD VERIFIED

 

ホワイトペーパー

従来サービスはこちら

従来サービス エンタープライズクラウドサービス

特長

  • 従来サービスでは難しかったネットワーク・VMの組み合わせを実現
  • 導入・運用にかかる手間とコストを低減
  • 高信頼はそのまま、サポートはメニュー化してご提供

Point1 より自由度の高いシステム設計が可能に

従来サービスでは難しかったネットワーク・VMの組み合わせを実現

エンタープライズクラウドサービス G2では、クラウド統合管理ポータル(vCloud Director)を利用し、従来サービスでは難しかったネットワーク・VMの組み合わせで設計できます。
お客さまにて任意のタイミングで切替や一時的なテスト環境構築などの柔軟な運用を実現。日立への問い合わせや作業依頼といった手間と時間を取らせません。

Point2 導入・運用にかかる手間とコストを低減

ポータル機能でのお客さま運用で、導入一時費用低減と導入時間を短縮

エンタープライズクラウドサービス G2では、クラウド統合管理ポータルで、必要なときにお客さまがリソースを変更できます。
また、ご要望に合わせた必要最小限の構成に最適化することで、 導入や運用にかかるコストを抑えられます。
最新技術の採用により提供基盤を最適化。 CPUなどのサーバリソースを低価格にしました。

Point3 高信頼はそのまま、サポートはメニュー化してご提供

従来サービスのお客さまサポートは、問い合わせから導入支援までメニュー化

従来サービスと同様に、エンタープライズクラウドサービス G2では定期メンテナンスを実施。監視、障害対応によりお客さまのクラウドリソースを安定稼働させます。
「どのような構成にしたらよいかわからない」といった疑問にも、 日立の技術者がお応えするサポート対応が可能です。

サービスメニューと価格

目的に合わせ、柔軟な対応が可能な契約、支払い方式を採用しています。

サービスメニューと価格

  • エンタープライズクラウドサービス G2は、VMware, Inc. の「Cloud Verified」認定を取得しています。
  • Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • VMware、VMware ESXi、VMware vCenter Server、VMware vSANは米国およびその他の地域におけるVMware, Inc. の登録商標または商標です。
  • Red Hat、およびRed Hat Enterprise Linuxは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.の登録商標です。
  • Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。