ページの本文へ

Hitachi

日立エッジアナリティクスコンピュータ HA8000E

Lumada Readyは、Lumadaのソリューションの
実現に寄与する、先進的かつ戦略的プロダクトです。

2021年1月13日
2019年10月30日
  • 日立エッジアナリティクスコンピュータ HA8000E/EL300を販売開始しました。

エッジコンピュータが求められる理由

1. IoTシステムを取り巻く課題

IoTデバイスの急速普及と技術革新により、製造現場データ、カメラの映像・画像、個人用デバイスなど、エッジにあるさまざまなモノから多種多様なIoTデータが生成され、増え続けています。
これらのIoTデータを蓄積・分析することで、お客さまのビジネスモデルから人々の生活基盤に至るまで、大きな変革の機会をもたらすことができます。
しかし、IoTデータを迅速に、かつ効率的に蓄積・分析できることが課題となっています。

2. エッジコンピュータ導入で期待される効果

IoTシステムを取り巻く課題は、日立のエッジアナリティクスコンピュータ製品 HA8000E/EL300をエッジ-コア間のゲートウェイとすることにより、解決することができます。

IoT:Internet of Things
OT:Operational Technology

代替テキスト

製品ラインアップ

*
記載の価格は、2021年4月現在、税込の最低構成価格です。

IoT ゲートウェイ

EL300

EL300
高い処理性能をエッジ環境にもたらし、
高度な耐環境性を実現したIoTゲートウェイ
677,600円〜
HA8000Eサーバ製品情報検索

Hitachi IoT Platform Magazine

Edgecrossへのリンク:HA8000EシリーズはEdgecrossコンソーシアム推奨の産業用PCとして認定を取得しました。