ページの本文へ

Hitachi

企業向けセキュリティ対応、容量無制限、働き方改革を支援する、クラウドストレージのBox

働き方の変化

近年、ファイルサーバをクラウド化する流れが加速しています。なぜ法人企業さまはファイル共有・管理にてクラウドサービスを採用されるのでしょうか?

利用ユーザさま、IT部門さま、それぞれの立場で、クラウド型のファイルコラボレーションサービスを利用するメリットを解説します。

利用ユーザさまのメリット

メリット1:社外アクセスの実現

社外からはファイルサーバーにアクセスできず、オフィスに戻らないとできない作業が多い、 こうした課題を持たれているお客さまの場合、Boxを利用することで解決に近づきます。ファイルを見るための無駄な移動時間や、 最新のファイルにアクセスできないことによる情報のタイムラグから解放されます。

メリット2:情報共有の促進

離れた現場とのコミュニケーションが取れず、作業現場とバックオフィスとで情報の分断、本社と支社とで情報の分断が発生している、こうした課題を持たれているお客さまの場合もBoxをご検討ください。常にBoxでファイルを管理すれば、適切な権限を付与して リアルタイムでファイルが共有できます。

メリット3:ファイル一元管理による作業効率の向上

日常業務において、1つのファイルを複数の関係者、複数のシステムで共有するケースが多々あります。この場合、鍵となる考えが、 《 シングルインプット、マルチアウトプット 》です。Boxに一度ファイルを格納し、あとは共有リンク機能やフォルダへの招待機能で ファイルへのアクセス方法を伝えればいいだけです。都度メールにファイルを添付して送信する必要はありません。Box APIを 利用して既存システムと連携すれば、システムから常にBoxのファイルにアクセスも可能です。作業効率の大幅な向上につながります。

IT部門さまのメリット

メリット1:サーバ運用からの解放

サーバ障害の対応、定期的なパッチ適用、容量不足時のリソース追加、資産管理、保守切れ対応、セキュリティ対策の運用など、オンプレミスのサーバには さまざまな運用が発生します。これらの作業コストは累積するとかなりの額となります。Boxを利用することで、こうした運用の手間から IT部門さまを開放します。

メリット2:BCP対応

Boxは標準で、格納したファイルは、複数のデータセンターに複製されて保管されます。万が一、特定のデータセンターが災害により、機能停止しても、 残りのデータセンターにて対応可能です。自前で運用するサーバでこうした構成をとるのはかなり大変ですが、Boxを採用することで解決できます。

メリット3:機能エンハンスの恩恵

オンプレミスのサーバ運用の場合、定期的なバージョンアップは労力のかかる作業です。Boxを採用すると、Box側で機能エンハンスが継続的に行われることになります。エンハンスにより、さらにお客さまのIT投資の効率は高まり、生産性の向上が将来にわたって期待できます。


Topへ戻る