ページの本文へ

Hitachi

企業向けセキュリティ対応、容量無制限、働き方改革を支援する、クラウドストレージのBox

Boxを採用する理由

数あるクラウドサービスの中で、なぜBoxは好まれているのでしょうか? 法人企業さまにBoxが採用されている8つの理由についてご説明します。

類似サービスがある中で、Boxが採用されているのには理由があります。

理由1:容量無制限

Boxの大きなメリットの1つは容量の制限がないことです。空き容量がなくなり、利用者さま各自で不要なファイルを削除する、 容量追加のために追加のディスクを用意する、こうした運用から解放されます。

理由2:すぐにファイルを確認できる

Boxはユーザインタフェースにすぐれているため、簡単に、すぐにファイルの閲覧・共有・管理・編集が可能です。

Boxの検索機能は優れており、ファイルの中身もすばやく検索し、検索ワードをハイライト表示できます。

理由4:セキュリティを維持しつつ簡単にファイル共有

特定のフォルダ、ファイルをセキュアに簡単に相手と共有が可能。Boxでは誰とフォルダ・ファイルを共有しているかが視覚的にわかります。フォルダ・ファイルを右クリックして簡単に共有できます。うっかり社外にファイルを共有しないような設定も可能です。

理由5:学習コストの低さ

Box driveを使えばネットワークドライブにより、WindowsエクスプローラからもBox上のファイルを操作可能。これまでのデスクトップ環境と同様の操作感でBox上のファイルを扱えます。Webブラウザからも直感的にファイル操作できます。

理由6:堅牢なセキュリティ仕様

Boxに格納されたファイルはすべて暗号されて保管されます。通信の暗号化、ニ要素認証やウィルスチェック、IPS(Intrusion Prevention System:不正侵入防止システム)など各種のセキュリティを実装しています。

理由7:著名なサービスとの連携

Office365,Google G Suite,Salesforceなど著名なクラウドサービスと連携できます。Box上のコンテンツをOffice Onlineで編集し、Boxにシームレスに保存するといった使い方も可能です。

理由8:APIを利用した容易な連携開発

Boxには多様なAPIが公開されており、APIベースで既存システムとの連携ができます。また、Box UI Elementsを使えば自社のWebアプリケーションにBoxの画面を埋め込むこともできます。


Topへ戻る