ページの本文へ

Hitachi

ブロックチェーン

セキュリティを中心とした独自機能の強化

機能強化の研究・開発に向けた取り組み

日立の持つさまざまな業種システムの構築実績から、日立ならではの強化機能を洗い出し、重点的に検討・開発を推進しています。特に高度なセキュリティ機能を中心に推進しています。

強化機能 概要・特長
【本人認証】
PBI連携
生体情報による厳格な本人認証を実現します。生体情報をもとに秘密鍵を生成し、使用後には必ず消すことで煩雑な秘密鍵の管理が不要となり、不正入力のリスクを大きく低減します。
【高可用性】
RASフレームワーク
障害を検知し代替ノード(Peer)に切り替えるなど、高い可用性を実現するRAS機能を提供しています。
日立が提供するブロックチェーンシステムに標準搭載しています。
【IoT連携】
OTデータ収集基盤
大量かつ多様のセンサー情報の入力に対応するライブラリです。
大量のデータを高速に集約、さらに形式を整えて台帳に入力し、IoT分野のニーズに応えます。
【高信頼性】
EADS-Orderer
社会インフラで実績のある日立のEADS技術を採用し、不意のシステム障害に対しても、生成されるブロックの一貫性を保証し、信頼性の高い取引を実現します。

また、北米に研究開発組織を設置し、ブロックチェーン技術の研究開発や各種業種での「協創」を加速しています。

そのほかの取り組みはこちら

関連リンク