ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

OEM向け組み込みアナリティクス

ソフトウェアまたはSaaS製品への組み込み

Pentahoを組み込むことにより、アプリケーションをシームレスに拡張できるようになるだけでなく、生のマルチソースのデータを良質かつ重要な分析情報に変換してユーザーに提供できるようになるため、ソフトウェア企業やSaaS企業におけるBIに関する課題解決に役立てていただけます。また、柔軟なアーキテクチャと製品開発チームから得られる豊富な知識が融合しているため、組み込むことで、あらゆるユースケースに対応したデータ主導型のアプリケーションを提供するプラットフォームを手に入れることができます。

拡張性の高いビジュアル・アナリティクス機能をシームレスに提供

Pentahoの最大限の制御およびカスタマイズ機能により、ユーザーに合わせたデータ主導型のアプリケーションを実現します。

  • アドホック分析、可視化表現、レポート、およびダッシュボードなどの豊富なツール群により、あらゆるアプリケーションとの統合が可能
  • 拡張性のあるWeb APIにより、既存の製品にアナリティクス機能を融合させ、従来の「付け足し」型のアプローチを超えるきめ細かい制御が可能
  • きめ細かなカスタマイズが可能なツールとフレームワークにより、お客さまごとに独自のユーザーインターフェイスを提供可能、さらにサードパーティの視覚化ツールもプラグイン可能

信頼できる分析情報の基盤となるエンドツーエンドの統合

Pentahoの組み込みアナリティクス機能により、データサプライチェーンのオーケストレーションを実現します。

  • Pentahoのデータ統合機能により、単なるデータへの接続にとどまらず、データを成形、ブレンドし、お客さまにとって役立つ情報へ変換可能
  • 成熟し、かつビジュアルに操作可能なETLおよび統合機能により、ビッグデータストア、リレーショナルデータベース、エンタープライズアプリケーション、サードパーティのデータソース、その他あらゆるデータのブレンドが可能
  • データ統合と分析機能により、Hadoop、NoSQL、分析 データベース、およびその他のビッグデータ技術からの価値の引き出し、および最大化が可能

アーキテクチャへの適合を最大限に高める設計

データ主導型の製品を提供する場合、製品が単に可視化に対応していれば良いというわけではありません。完全なマルチテナント・アーキテクチャ、シームレスな認証、および既存システムとの相互運用性をサポートする適切なテクノロジーが必要です。

  • 高い柔軟性により、ユーザー、企業、データソース、分析コンテンツなどに関するさまざまなマルチテナント・アーキテクチャへの適合が可能
  • LDAP、Active Directory、その他多数の認証フレームワークおよびシングルサインオンオプションに対応
  • Spring Security フレームワークを活用し、カスタムセキュリティルールに対応可能

お客さまの課題解決を実現するためのOEMプログラム

米国で実績のあるPentahoのOEMプログラムは、お客さまの製品や目標に合わせて設計されています。本プログラムが提供する、適切なトレーニング、サポート、および成功のための方法論により、導入と運用を効率化することができます。

  • 開発者の支援、アーキテクチャのワークショップ、および包括的なトレーニングにより、最短8週間で運用開始が可能
  • 何百例もの導入経験を持つ組み込みアナリティクスおよびOEMサービス専門チームによるサポート
  • RichRelevance、Marketoなどの米国の新しいテクノロジー企業での活用実績
上記のプログラムは米国で実施しているものであり、日本においてはご提供できないものもございますことをご了承下さい。