ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

Pentahoとは

Pentaho(ペンタホ)とは、データ収集・抽出・加工・出力を実行する「データ統合基盤(ETL)」と、 データ可視化・データ分析を実行する「データ分析基盤(BI)」をオールインワンで提供し、アジャイルでのデータ利活用を可能にするプラットフォームです。 世界180か国で2,000社以上のリーディング企業や政府官公庁において、15,000件を超える導入実績となっております。

Pentahoとは

  • 複雑なデータ加工処理をグラフィカルに定義・実行

  • 多種多様なデータをGUIにより
    ノンプログラムで簡単に統合・加工・出力

  • データ準備に関わる工数を大幅に削減

  • 開発工数の効率化・スピードUP
  • 多次元データを多様な軸で分析・可視化

  • OLAP分析・レポート・ダッシュボード

  • データ取り込み時に工数単位で結果を確認

  • データの欠損にすぐ気づき、トライ&エラーでの推進が可能

  • DevOps・アジャイル開発に最適
プログラミング不要100% GUIで開発可能

プログラミング不要
100% GUIで開発可能

最先端OSSを日立のサポート付きで提供

最先端OSSを
日立のサポート付きで提供

100種以上のデータソースに標準対応

100種以上の
データソースに標準対応

このようなお客さまに最適です

データ統合からデータ分析、そしてデータ利活用までを短サイクルで行いたい。

データ統合からデータ分析までを
短サイクルでアジャイル的に行いたい

データ統合(ETL)とデータ分析(BI)を一貫した環境で行いたい。

データ統合(ETL)と
データ分析(BI)を
一貫した環境で行いたい。

HadoopやNoSQLなどの先進技術をデータ抽出・準備・ブレンド処理に組み込みたい。

Hadoop*やNoSQLなどの
先進技術をデータ抽出・準備・ブレンド処理に組み込みたい。

*
Hadoopは、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Pentahoの利用シーン

Pentahoのデータ統合基盤(ETL)は、従来の構造化データを抽出・変換・ロードするだけではなく、センサデータやSNSデータといったビッグデータも対象として、データ利活用のためのデータ作成の場面で利用されます。さらに従来のデータとビッグデータをブレンドする場面でも利用されます。
データ統合基盤(ETL)で作成したデータはデータベースを介して、データ分析基盤(BI)で可視化、分析します。
このように、Pentahoはデータ分析の一連のプロセスをオールインワンで実現できるツールです。

Pentahoの利用シーン