ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

既存資産を生かしつつ
新しいプラットフォームへの移行を実施

Hitachi Migration Service マイグレーションサービス

日立のマイグレーションサービスは、
お客さまのレガシーシステムを新しいプラットフォームへ移行するサービスです。
長年のマイグレーションの実績で培った技術で効率的なマイグレーションをサポートします。

マイグレーションのメリット

レガシーシステムの課題を解決
「ハードウェア、プラットフォームのEOS 対応」「現行システムの有識者、技術者不足」「エンハンスの繰り返しによって維持メンテナンスが困難」などの課題を解決します。
システムのランニングコストを削減
レガシーシステムから移行することで、ランニングコストを削減できます。削減されたコストは、将来の戦略的な投資にも活用できます。
ビジネススピードの向上
変化に強いシステムに生まれ変わり、世の中の流れや変化に対応しやすくなります。

↓

日立のマイグレーションサービスは、
「4つのステップ」で効率的なマイグレーションを実施し、
課題の解決をサポートします。

導入事例

業種を問わず、小規模から大規模システムまで多数の実績があります。
他社プラットフォームからのマイグレーションや、
ホストからオープンプラットフォームへのマイグレーションの実績があります。

データバリエーション一覧の例
業種 移行元プラットホーム 移行先プラットホーム 資産規模
OS ミドルウェア 言語 OS ミドルウェア 言語
流通 VOS3 DC:
DCCM3
DB:
XDM/SD
COBOL85 AIX DC:
OpenTP1
DB:
HiRDB
COBOL
2002
約2.5
MStep
製造 MSP DC:
AIM/ACS
DB:
AIM/DB
COBOL85 RHEL DC:
OpenTP1
DB:
HiRDB
COBOL
2002
約4.2
MStep
金融 MSP DB:
AIM/DB
COBOL85 RHEL DB:
HiRDB
COBOL
2002
約0.2
MStep
運輸 MVS DC:
IMS/DC
DB:
ADABAS
COBOL85
NATURAL
RHEL AP Server:
JBossEAP
DB:
Oracle
COBOL
2002
約0.2
MStep
運輸 HP-UX DB:
Oracle
C RHEL DB:
Amazon Redshift
Java 約1.1
MStep

日立のALM サービスとの組み合わせで、
さらに効率良く、リスクを抑えて

レガシーシステムでは資産の肥大化や複雑化により、マイグレーションに踏み切れない場合があります。
事前に日立のApplication Lifecycle Management (ALM) サービスを利用すると、
資産の棚卸による移行対象のスリム化、現行仕様の可視化が可能です。
このため、効率良く低リスクでマイグレーションを実施できます。

[現行システム]→[日立のALMサービス]→[棚卸結果、各種レポート]→[マイグレーションサービス]→[新しいシステム]

日立のALMサービス

現行システム

↓

日立のALMサービス

↓

  • 棚卸結果
  • 各種レポート

↓

マイグレーションサービス

↓

新しいシステム

 ※
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
  *
MSP は、富士通株式会社の登録商標です。
  *
MVS と AIX は、米国およびその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標です。
  *
Amazon Redshift は、米国およびその他の国におけるAmazon.com, Inc.の登録商標です。
  *
ADABAS と NATURAL は、独国およびその他の国におけるSoftware AGの商標です。
  *
Oracle と Java は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  *
Red Hat, JBoss, RHEL は、Red Hat, Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。

関連リンク

ページの先頭へ