Hitachi

マイグレーションサービスの適用による効果やリスクは、お客さまのシステムによってさまざまです。移行性分析では、プログラム、JCL の内容まで踏み込んで移行可否や代替案を検討します。ツールを適用したコンバージョンや、新システムではサポートされていない言語部分の代替方式なども検討します。

移行の可否を早期に判断することで、プロジェクトのリスクを事前に回避できます。

■移行性分析のイメージ:[現行システム](・プログラム、・JCL、・資産情報)+(プラス)[移行ノウハウを蓄積した移行観点]→[移行性分析]→[新システム要件とのFit & Gap]→[●再利用の可否の判断、●改造・影響箇所の特定] [成果物]:移行性分析結果(〇移行対象規模、〇移行費用、〇移行スケジュール、など)