ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

COBOLマイグレーション
サービス

COBOLからJavaへの再構築にともなう
システムの現状分析から構築、移行後の運用・保守までをワンストップで支援します。

大切な業務アプリケーション資産、エンハンスを繰り返すうちにブラックボックス化し扱いづらくなっていませんか。
「COBOLマイグレーションサービス」は、ブラックボックス化した現行システム資産の可視化と、標準化されたJavaアプリケーション開発基盤により、メンテナビリティを備えたシステムへの移行をご支援します。
さらに、移行後の業務アプリケーション資産価値の継続的維持・向上を支援するサービスもご用意しています。

特長

プログラム仕様の可視化と事実ベースの課題抽出

Application Lifecycle Management (ALM) サービスを適用して、ブラックボックス化した現行システム資産を解析して、設計情報の生成と不要資産の棚卸を行います。また、移行後のシステムのログ情報をもとに、システムの利用状況を分析して、事実ベースの課題を抽出します。

システム構築作業の標準化

日立アプリケーションフレームワークJustwareを導入して、システム構築作業を標準化することで、Javaアプリケーション開発の効率化を図ります。

業務ルールとプロセスの分離

ビジネスルールとロジックをすばやく簡単に作成するビジネスルール管理システムの「Red Hat Decision Manager」を導入して、業務ルールとプロセスを分離することで、業務ルールの追加・変更を容易にし、業務ルールのメンテナビリティの向上を図ります。

ALMサービス日立アプリケーションフレームワークJustware、Red Hat Decision Managerを連携し、
COBOLからJavaへの移行をトータルでサポートします。

COBOLからJavaへの移行イメージ

[現行分析フェーズ]設計情報の生成と不要資産の棚卸(ALMサービスを適用してCOBOL資産を解析し、設計情報を生成)を行い、構築フェーズへ。⇒[構築フェーズ]JustwareとBRMS(Business Rule Management System)を導入(現行分析フェーズで作成した設計情報と移行要件を基に、移行後の設計情報とルール情報を作成し、JustwareとBRMSを利用してCOBOL資産をJava資産に移行)し、運用システムを構築。⇒[運用/保守フェーズ]事実ベースの課題を抽出(運用システムからログ情報を取得し、ALMサービスを利用して課題一覧を作成)し、ルール情報やJava資産にフィードバック。[COBOLマイグレーションサービスご利用のメリット]ALMサービス、Justware、BRMSの連携により、移行を効率化します。また、移行後もALMサービスを利用して課題抽出を行うことにより、業務改善を支援します。

ALMサービス Justware ALMサービス
  *
BRMS:Business Rule Management System(ビジネスルールマネジメントシステム)
 ※
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
  *
Oracle と Java は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  *
Red Hatは、Red Hat, Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。
ページの先頭へ