ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

アジャイル開発をトータルサポート

アジャイル開発
コンサルティングサービス

日立の「アジャイル開発コンサルティングサービス」は
専門技術者によるアジャイル開発の導入教育や実践のコーチング、
アジャイル開発の導入に伴う社内規約整備・標準化のコンサルティング、
セミオーダーメイドでプロジェクトルームを提供など、
アジャイル開発の導入から定着までをトータルに支援します。

3つのアプローチでアジャイル開発を支援します。[3つのアプローチ]・Coaching(コーチング)、・Methodology Consulting(メソドロジーコンサルティング)、・Collaborative Creation Site(協創空間提供)、

↓

社内規約整備の支援や技術支援で
アジャイル開発導入から定着までをトータルサポート

サービスの特長

3つのアプローチでアジャイル開発を支援します。

Coaching

コーチング

「認定スクラムマスター(CSM)*」資格保持者をはじめとする日立の経験豊富な技術者が、お客さまのアジャイル開発導入および定着を支援します。アジャイル開発の実践に必要な知識を短期間で習得できる導入教育や、プロジェクト立ち上げ時のルール、開発中の進行方法などについて、チームに最適なアドバイスを行います。

*
認定スクラムマスター(CSM): スクラム関連の認定資格や研修プログラムを提供する国際組織Scrum Allianceが認定している資格。CSMは、Certified ScrumMasterの略。

Methodology Consulting

メソドロジーコンサルティング

アジャイル開発を円滑に進めるための開発ノウハウの提供や、標準化に向けた規約策定の支援、DX拡大に向けて進捗度・課題の可視化から課題解決の支援を行います。
  • 日立の「HIPACE*1(アジャイル開発版)」に集約されるアジャイル開発のノウハウや、業種横断的に提供してきたアジャイル開発導入のコンサルティング経験をもとに、社内規約の整備や標準化に向けた取り組みを支援。
  • プラットフォームデジタル化指標*2を用いて、DXの進捗度やITシステムに関する課題を見える化。
  • DX推進の課題解決に向けて内容や方向性を確認するためのワークショップを実施。
  • 具体的な課題解決をプロセス面でサポート。
    (例:プロジェクトの立ち上げ支援やアジャイル開発人財の育成支援など)
*1
HIPACE(ハイペース):システムを効率よく開発し、高品質なITサービスを提供するために体系化された日立のシステム開発方法論。1979年から各種システム開発に適用し、現在まで内容の改変・拡張を重ねている。「HIPACE(アジャイル開発版)」は、中でもアジャイル開発に特化して整備した開発方法論。
*2
プラットフォームデジタル化指標(PFデジタル化指標):2020年に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開した、現行ITシステムのDX対応状況について技術面から評価するための指標で、ITシステムの対策要否について判断材料になるもの。
プラットフォームデジタル化指標について(リンク先:IPA Webページ)

Collaborative Creation Site

協創空間提供

アジャイル開発を行うために必要となるプロジェクトルーム*を提供します。
*
プロジェクトルームのご利用は、日立のSEが含まれるプロジェクトに限ります。

サービスのメリット

Schedule

アジャイル開発プロジェクトを早期に立ち上げることができます。

プロジェクトルームの設営、コーチによる立ち上げのアドバイス、アジャイル開発の契約方法の整備支援などにより、アジャイル開発プロジェクトを早期に立ち上げることができます。付帯作業が不要になることから、お客さまの本来の目的達成に集中することができます。

Agile

お客さまご自身で本格的なアジャイル開発を実践できるようになります。

「認定スクラムマスター(CSM)」資格保持者をはじめとする日立の経験豊富な技術者による育成、協創空間での開発経験、アジャイル開発の壁となる組織的な枠組みの整備など、本サービスを通じて、お客さまご自身でアジャイル開発を実践できるようになります。

Product

お客さまの組織にアジャイル開発を導入できます。

アジャイル開発の技術者を育てるだけでなく、従来のウォーターフォール開発が前提となっている社内規約をアジャイル開発向けに見直すことで、組織としてアジャイル開発を進めやすくなります。

ダウンロード

お知らせ

2021年6月16日 [トピックス]
  • IPAのプラットフォームデジタル化指標を用いてDX推進における課題を見える化し、
    課題解決に向けてプロセス面でのサポートを開始
2021年2月24日 [トピックス]
2021年1月25日 [記事掲載]
2020年10月29日 [記事掲載]
2020年8月4日 [記事掲載]
2020年7月8日 [記事掲載]
2020年6月1日 [トピックス]
2019年1月28日 [ニュースリリース]
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
 *
CSM、Certified ScrumMasterは、Scrum Alliance, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
 *
Web Performer は、キヤノンITソリューションズ株式会社の日本における登録商標です。
ページの先頭へ