ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

XMAP3:ソリューション・関連製品:レガシーマイグレーション

COBOL業務のオープン化

COBOL業務のオープン化には日立COBOL2002を利用します。
COBOLは国際規格で定められた言語仕様なので、異なるプラットフォームでも共通の命令語が利用できます。
Windows対応のCOBOL2002では、操作性のよいエディタやデバッガなどを提供し、生産性向上に貢献します。

関連製品

オンライン・対話処理のオープン化

サーバ集中型オンライン、C/Sシステム

クライアントを特定した業務や、サーバトリガによるバッチ印刷などに対応しながら、リソースをサーバで一括管理できます。

サーバ集中型オンライン、C/Sシステムのイメージ図

XMAP3のC/Sシステム機能を利用して対話処理やトランザクション処理を実現できます。
このときアプリケーションやマップ類はサーバだけに配置すればよく、クライアントにアプリケーションを配布する必要はありません。メインフレームオンライン型の業務をC/S環境で実現できます。

関連製品

スプール運用のオープン化

電子帳票による業務の効率向上

電子帳票による業務の効率向上のイメージ図

XMAP3帳票はPDF形式でファイルに出力し電子帳票化できます。これをHOPSS3/AS REV に登録することで帳票の蓄積、再印刷、オンデマンド印刷などのスプール運用を実現できます。
また以下のような本格的電子帳票システムも構築できます。

  • 帳票の仕分け、分類、満期処理などの自動化による帳票の保管作業コスト削減
  • 帳票の登録や削除などのログを採取したり、データ変更を禁止したりすることで帳票のセキュリティを確保
  • 記載内容を文字データとして抽出することによるデータの再利用
  • 紙と電子データの並行利用

関連製品

バッチ運用のオープン化

バッチ運用のオープン化のイメージ図

JP1と連携した帳票印刷業務に対応します。 バッチ実行はJP1/AJS3を利用してクライアントからジョブ投入、状態監視できます。 プリンタ印刷のリカバリや再印刷にはPrinfina MANAGER シリーズを利用できます。