ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

タイトルとURLをコピー

キーワード:クラウド、安定稼働、AWS、監視、一元管理

AWSやオンプレミスなど複数の環境の稼働情報やログ情報を一元管理

AWS(Amazon Web Services)の監視では、AWS特有の課金情報やリソース稼働情報を監視するAmazon CloudWatchや、ログ情報を監視するAmazon CloudWatch Logsなどを利用するのが一般的です。一方でオンプレミス環境には別の監視ツールが必要となります。このため、監視対象項目、監視間隔やデータの保存期間など監視運用ポリシーの統一が難しく、ツールによって操作が異なり運用負荷が高くなります。
このソリューションでは、AWSとオンプレミス環境を一元管理することで、監視運用の負荷を低減します。AWSとオンプレミス環境で複数の監視ツールを使っていても、企業で利用するシステム全体を統一した監視運用ポリシーに従って、同一の画面で監視できます。システム状況に加え、システムおよび業務や関係者との関係性も一元管理できるため、問題を検知した場合にも関係者への自動通報を可能にし、システムの安定稼働を支援します。
一元管理により、Amazon CloudWatch特有の監視項目とAmazon CloudWatch以外のツールで監視しているアプリケーションやサービスの稼働情報・ログ情報などもあわせて、企業システム全体の状況を容易に確認できるようになります。また、企業で利用するシステム全体の稼働情報を一元管理することで、AWSとオンプレミス環境のシステムが混在していても、統一した稼働レポートを容易に作成できます。
収集したデータは長期保存も可能なため、システムの継続的な安定稼働に欠かせない短期・長期の分析にも活用できます。

AWSやオンプレミスなど複数の環境の稼働情報やログ情報を一元管理

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • AWSとオンプレミス環境を利用していて、企業で利用するシステム全体で監視・管理したい
  • 環境ごとにばらばらの監視ツールを利用していて効率が悪いため、改善したい
  • AWSとオンプレミス環境が混在するシステム全体の状況分析や稼働レポート作成を効率化したい

このソリューションを実現する製品・サービス

JP1/Integrated Management 2

Amazon CloudWatchが保持しているログ情報を取得し、JP1が管理するシステムのログ情報とあわせて一元管理し、通報システムと連携します。また、ログ情報を長期保存します。

JP1 Cloud Service

JP1/Integrated Management 2 のManagerの機能をクラウドサービスで利用いただけます。
Amazon CloudWatchが保持しているログ情報を取得し、JP1が管理するシステムのログ情報とあわせて一元管理し、通報システムと連携します。また、ログ情報を長期保存します。

JP1/Performance Management

Amazon CloudWatchが保持しているパフォーマンス情報やAWS上のプロセスなど任意の情報をJP1が管理するシステムの稼働情報とあわせて収集・管理し、稼働情報の監視やレポート表示をします。また、パフォーマンス情報を長期保存します。

テクニカルサービス

Amazon CloudWatchとの連携など、AWSの稼働情報やログ情報をオンプレミス環境を含めて一元管理し、監視運用の負荷を低減できるシステムの構築作業を支援します。

カタログ・資料

おすすめのソリューション