ページの本文へ

Hitachi

タイトルとURLをコピー

生成AIとは?

生成AI(Generative AI:ジェネレーティブAI)とは、膨大なデータを元に訓練された機械学習モデルであり、まるで人間がつくったような出力をすることが特徴の人工知能(AI)のこと。

データのパターンや傾向を学習し、新たな情報やクリエイティブを生成する能力を持っているため、これをIT運用に応用することで、IT運用における対応スピードや対応品質の向上が期待できます。

生成AI(Generative AI:ジェネレーティブAI)とは

生成AIが着目される理由

IT運用の
課題と背景

生成AIが着目される理由

顧客へのサービス品質を高めることで利益をもたらすDX時代。
企業は、さまざまなITインフラや、各種システムを活用して、サービスビジネスを遂行しています。
デジタル化の進展、ネットワークの急速な拡大、オンプレミスとクラウドのハイブリッドな活用シーンが増えるなど、
IT運用はますます複雑化し、運用部門の負担は増加する傾向にあります。

IT運用の問題点

IT運用の問題点,問い合わせに時間をとられてしまう,障害原因の切り分け,運用の自動化が進まない.手順書の改訂や報告書作成に時間がかかる

  • 最新のIT技術
    への対応
  • 複雑化する
    IT運用
  • 監視対象機器、
    アプリケーションの増加
  • 専門知識を
    備えた人材不足
  • 作業の属人化
  • システムの
    ブラックボックス化
生成AI活用による
解決例

生成AI活用による解決例

問い合わせへの
自動応答

生成AIを活用することで、ユーザーからの問い合わせやトラブル対応への自動応答が可能になります。
ユーザーが問題や質問を報告したとき、生成AIは過去のデータやナレッジベースから回答を生成し、ユーザーに返信します。

これにより、運用部門の負担を軽減し、迅速かつ一貫したサポートを提供できるようになります。

問題の診断と
解決策の提案

生成AIは運用マニュアルや蓄積されたナレッジ、過去のトラブルシューティング結果などから、問題の診断と解決策の提案を行うことができます。

障害の原因特定やトラブルシューティングに手間と時間がかかる場面でも、生成AIが診断結果や解決案を示してくれるので、対応にかかる時間と労力を削減できます。

運用自動化コードの
作成支援

生成AIはソースコードやプログラミング言語のパターンや構造、関数やメソッドの利用方法、ライブラリの使い方を学習し、それをもとに新しい運用自動化コードを生成することができます。

開発者は生成AIが生成した運用自動化コードを検証、適切な修正を行うことで運用自動化のための開発を迅速化。運用効率の向上につながります。

ドキュメント作成の
効率化

生成AIは大量の情報を解析し、ドキュメントを自動生成することができます。

問題解決手順書、操作マニュアル、技術文書や運用レポートの草案の作成など手間と時間がかかる作業を自動化することで、スピードアップだけでなく、運用部門のナレッジの共有も促進します。

日立が考える、
生成AIを活用したこれからのIT運用とは?

日立が考える、生成AIを活用したこれからのIT運用とは?

日立は、人による判断や分析が必要な作業、経験や専門スキルがないとできない作業を、
自然言語インターフェースによるやり取りが可能な生成AIアシスタントによってサポートすることで、
お客さまのIT運用の効率化・対応品質の向上を支援します*1
日立はお客さまのIT運用の変革を生成AI活用によってサポートするため、
問い合わせ対応、障害対応、運用設計支援、運用自動化支援、運用レポート作成支援など
生成AI活用のユースケースを順次拡大していく計画です。

*1:
JP1 Cloud Serviceで2024年4月を目途に、生成AIを活用するインタフェース(生成AIアシスタント)の提供を開始します。

日立がめざす生成AI活用によるこれからのIT運用(将来像)
日立がめざす生成AI活用によるこれからのIT運用(将来像)

生成AI活用による障害対応の
ユースケース

運用監視中に発生する各種イベント(メッセージ)への対処方法を、
生成AIアシスタントが自然言語による対話形式でガイドします。
高度な専門知識が必要な障害対応を生成AIアシスタントが支援することで、
障害対応業務の省力化、サービス復旧までの時間短縮を実現します。

生成AIアシスタントの特長

  • 運用オペレーターからの短い質問文に対しても、
    状況に応じた回答を生成できます
  • 運用オペレーターからの問いかけに対して、
    専門知識が必要とされる回答を作成できます

生成AIアシスタントの特長
*本ユースケースについて生成AIアシスタントの正確性などを検証する実証実験を進めています。

お問い合わせ

IT運用への生成AI活用についてもっと詳しく知りたい方は、お気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム(日立オープンミドルウェアに関するお問い合わせ)

お問い合わせ内容の記載例:

【お問い合わせ内容】

  • IT運用への生成AI活用について、詳しくお知りになりたい内容を記入してください