ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

[イメージ]「税業務支援サービス」は、日立の税業務ノウハウを凝縮したサービス利用型の都道府県向け税務サービス

スマート自治体の実現をめざし、自治体の業務システムにおいて、SaaSなどのサービス利用型システムの導入に向けた検討が進んでいます。
また、システム標準化の動きも今後加速していくことが想定されています。

このような課題はありませんか?

税業務の標準化と負担軽減が急務

  • 毎年の税制改正によるシステム複雑化にともなう業務負担が大きいため、業務の標準化が必要
  • ベテラン有識者の減少により、ノウハウの共有、継承が不十分

税務システム運用業務の負担が大きい

  • 機器の更新などの調達・保守業務の負担が大きい
  • システムの改修などに係る仕様調整に多大な時間を要している

納税者の利便性を向上したい

  • 収納チャネルの多様化など、社会や技術の動向に沿った対応が必要
  • 納税照会などに対する迅速な対応が必要

税業務に関連するコストを削減したい

  • 税制改正や機器の更新などシステムの維持にかかわる費用を削減したい

[イメージ]「税業務支援サービス」により、あらかじめ標準化された税務パッケージシステムをLGWAN経由でご利用いただくことで、課題の解決に寄与します
[イメージ]税業務支援サービス

LGWAN:Local Government Wide Area Network

[イメージ]特長1 税業務とシステム運用負荷の軽減

標準的な業務プロセスの適用によりお客さまの業務運用の負荷を軽減
自治体間での共同利用を見据えて設計・開発したアプリケーションと標準的な業務プロセスの適用により、職員さまの業務の効率化を実現します。標準業務フローや、標準事務処理要領など、豊富なドキュメントを活用し、業務運用面での課題解決を支援します。
職員さまのシステム運用に掛かる負荷を軽減
アプリケーション、稼働環境、運用保守の一体型サービスにより、稼働環境の保守・更新などの作業が不要になるなど、職員さまのシステム運用に掛かる業務負荷を軽減します。
サービス利用団体間のノウハウを共有
サービス利用団体間で税業務やシステム運用に関する情報共有を行い、システムにノウハウを蓄積して業務効率の向上に活用します。

[イメージ]特長2 納税者サービスの向上

社会の動向や納税者の声を反映し、納税者へのサービス向上に寄与
地方税ポータルシステム「eLTAX」から提供されている共通納税や、収納チャネルの拡大に対応するなど、社会の動向や納税者のニーズを取り込むことで、納税者サービスの向上に寄与します。

[イメージ]特長3 トータルコストの削減

5年間定額サブスクリプション制により稼働後のコストを削減
5年間定額サブスクリプション制でコスト削減を実現。定常的な税制改正や稼働環境の保守・更新などの費用をサービス料金に含みます。
セキュアで信頼性の高い稼働環境を安価に利用可能
クラウド環境を活用することで、オンプレミス導入に比べて、セキュアで信頼性の高い稼働環境を安価にご利用いただけます。

価格・提供開始時期

価格 提供開始時期
個別見積もり 2023年度

税業務支援サービスに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

導入事例

[写真]広島県風景写真

広島県
共同利用を見据えた広島県の「税業務支援システム」が稼働開始

何をお探しですか?