ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

 

このトピックス記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2020年9月24日

トピックス

顔認証管理システムの販売を開始

株式会社日立製作所公共システム事業部(以下、日立)はこのたび、ノートPCなどに搭載されたカメラを利用して顔による本人認証を行う「顔認証管理システム」を、9月24日より販売開始します。本システムは、株式会社ディー・ディー・エス(以下、DDS)とのOEM契約により、DDSの製品「多要素認証基盤 EVE MA」、「万能認証基盤 Themis」のうち顔認証、シングルサインオンを実現するIDマネージャおよびワンタイムパスワードを使った認証機能を日立より提供するとともに、日立がサーバー構築支援および保守サービスを提供するものです。

昨今、新型コロナウイルスの感染防止を目的としたテレワークの普及などにより、PC付属カメラなど既存の資産を活用でき導入時および導入後の作業負荷が低く、感染リスクを抑えられる非接触型の本人認証へのニーズが高まっています。このような背景のもと、日立は顔認証管理システムの販売を開始しました。日立ではこれまでも、特に高い認証精度を必要とされ、認証を実施する場所が固定されるような場合に適した指静脈認証や、「もの」を使った認証を行いたい場合に適したICカード認証など、さまざまな本人認証を提供しております。このたびの顔認証の追加により、ご利用状況に合わせた本人認証方法の選択肢がさらに広がります。

今後も日立は、公共機関や金融機関、医療機関などさまざまな事業分野において、高精度な本人認証によるセキュアな環境構築を支援していきます。

顔認証管理システムの機能・サービス

Windowsログオン認証

[イメージ]Windowsログオン認証

認証時の顔向き判定

[イメージ]認証時の顔向き判定

離席ロック

[イメージ]離席ロック

アプリケーション認証

[イメージ]アプリケーション認証

ログとして認証時顔画像の保存

[イメージ]ログとして認証時顔画像の保存

複数名の顔検知のロック機能

[イメージ]複数名の顔検知のロック機能

仮想化環境での認証に対応

[イメージ]仮想化環境での認証に対応

ロック時カウントダウン機能

[イメージ]ロック時カウントダウン機能

日立の導入支援・保守サービス

[イメージ]日立の導入支援・保守サービス

顔認証管理システムのWebサイト

DDSのWebサイト

商標に関する表示

本製品は、DDSの製品「多要素認証基盤 EVE MA」、「万能認証基盤 Themis」のうち顔認証機能を利用許諾契約に基づき日立ブランドとして販売している製品です(販売元:日立 製造元:DDS)。
「Themis」はDDSの登録商標、「多要素認証基盤 EVE MA」、「万能認証基盤 Themis」はDDSの商標です。

お問い合わせ先

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ