ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

公開されているデータのうち、誰でも自由に利用またはアクセスでき、さらに再利用と再配布ができるデータを指す。日本政府では、オープンデータの条件として、「機械判読に適したデータ形式である」、「人手を多くかけなくても二次利用ができる利用ルールで公開する」という二つを定義している。

オープンデータを活用することで、分野間の情報連携が進み、業務の効率化や高度化が図れることが期待されている。日本では、東日本大震災を機に分野間をまたがる「横軸」の情報連携の重要性が注目され、2012年夏からオープンデータの活用を進めるための取り組みが進められている。2013年12月には、データカタログサイト「DATA.GO.JP」が立ち上げられ、現在もオープンデータ活用の普及に向けた技術水準の検討や啓発活動などが進められている。

関連用語

人気の用語

    最近追加した用語