ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

光学によって被写体の像を得るのではなく、デジタル処理によって画像を生成することを前提としたイメージング技術。

従来、カメラはレンズによって得た被写体の像をそのまま記録する装置として利用されてきた。デジタルカメラが登場し、レンズから得た像を電気信号として記録するようになったものの、撮影時にレンズが得た像を再現するという基本的な機能は変わっていない。

一方、コンピュテーショナルフォトグラフィでは、光学によって得られた像は中間生成物に位置づけられる。撮影時の光の方向や角度、被写体までの距離など、さまざま情報を記録し、あとからデジタル処理で画像を生成する。これにより、撮影後のピント調整やぶれの除去など、従来のカメラでは不可能だった機能を実現する。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語