ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

ハッシュ関数は暗号技術の土台となるもので、ディジタル情報を圧縮して特徴値を抽出する関数。この特徴値はデータの指紋とも呼ばれており、異なるデータから抽出された特徴値が一致する可能性はきわめて低く、情報がわずかでも変わると、変換される数値が大きく異なる。これにより、ハッシュ関数は、意図的な特徴値の操作が困難なことから、データの破損を検出するために用いられるほか、悪意ある第三者によるデータの改ざんを検出するためにも用いられている。
広く用いられるハッシュ関数には、出力値が同じになる入力の発見が困難であることなどの安全性基準を満たすことが要求される。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語