ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

特定の個人の識別を困難にするためのデータの加工方法の一つ。データ利活用の動きが盛んになるのに伴い、プライバシー保護の一手段として、重要性が高まってきている。

対象となるデータ内に、同じ属性を持つデータがk件以上存在する(k-匿名性を満たす)ようにデータを変換することで、個人が特定される確率をk分の1以下に低減させる。現在、さまざまなk-匿名化処理のアルゴリズムが存在しているが、匿名化により失われる情報量が多い、処理時間が掛かるといった課題があり、改良が続けられている。

k-匿名化の応用として、個人の識別をより困難にするために、データの属性がl種類以上になる(l-多様性を満たす)ように加工する方法や、データの分布の偏りが小さくなる(t-近似性を満たす)ように加工する方法も提案されている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語