ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

イジングモデルの動作を半導体のCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)回路で擬似的に再現するため、日立が開発した技術。この技術を用いた新型半導体コンピュータ(CMOSアニーリングマシン)は、組合せ最適化問題の実用解を室温下で、効率良く求めることができる。

CMOSアニーリングは二つの動作から成る。一つは、イジングモデルにおけるスピン間の相互作用を再現し、イジングモデルのエネルギーを低下させていく動作。もう一つは、スピンを再現している回路にノイズを注入し、わざとスピンの状態を破壊する動作である。前者だけでは動作が定型的になり、局所解(エネルギーが最小ではない部分)に固定されてしまうおそれがあるため、後者によって局所解への固定を回避し、実用解(可能なかぎりエネルギーが低い部分)を求めている。

関連用語

人気の用語

    最近追加した用語