ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

書籍の表紙:BEYOND SMART LIFE –好奇心が駆動する社会

日立京大ラボ(正式名称 日立未来課題探索共同研究部門)は、2016年に「ヒトと文化の理解に基づく基礎と学理の探究」を推進する目的で設立されました。
本書は、研究テーマの一つである「未来社会と文化の探索的な洞察による“2050年の社会課題と、その解決に向けた大学と企業の社会的価値提言”の策定」に関する研究成果と議論をまとめたものです。

【目次】
第1章 三つの喪失(トリレンマ)
第2章 様々な視点によるトリレンマからの脱出のヒント
第3章 トリレンマからの脱出で大切にしたいこと
第4章 実践的な取り組み
第5章 特別対談「幸せ」を中心に未来社会をデザインする
第6章 問う心を育て、生かす--大学と企業の役割
第7章 「われわれとしての自己」から見た「アフターコロナ」

発売日:2020年8月21日
著者・編者:日立京大ラボ
単行本(ソフトカバー): 352 ページ
出版社: 日本経済新聞出版 (2020/8/21)
言語: 日本語


関連ページ
・京都大学と日立が「日立京大ラボ」を開設し、「ヒトと文化の理解に基づく基礎と学理の探究」を推進
http://www.hitachi.co.jp/rd/news/press/2016/0623.html

・Crisis 5.0 2050年社会課題の探索
http://www.hitachi.co.jp/rd/research/design/vision_design/dialog/2050/index.html