ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年5月15日

タイトル

機械構造物の疲労現象を高精度に再現できるコンピュータ制御の三軸疲労試験装置を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、建設機械や再生可能エネルギー設備などの稼働時に発生する複雑な応力(力を面積で割った値)を、実験室で再現できるコンピュータ制御の三軸疲労試験装置を開発しました。この機械を用いて、実際に建設機械で計測された応力を試験片上で再現した結果、3%以下の誤差範囲で部材表面に加わる応力が再現できることを確認しました。今後、本装置を社会インフラ分野などの製品に活用することで、利用条件に即した構造部材の適正な設計が可能となり、信頼性向上とともに材料費の低減に貢献していきます。

鉄道車両や建設機械、風力発電設備などの社会インフラを支える機械構造物は、長期間の使用に耐える信頼性が大変重要です。構造物の表面には縦・横にゆがみを加えた3つの変形に起因する応力が発生しますが、このように複雑な応力は大きさや方向が一定の応力に比べて疲労の進行が速く、疲労破壊が発生しやすいことが報告されています。

従来の材料試験では、1方向からの負荷に対する疲労現象を解明することは可能ですが、試験片に多方向から負荷を与えることが難しく、任意の応力を試験片上に再現できないという課題がありました。そこで今回、日立では、実機の稼働状態で発生する複雑な力を試験片上に再現できる疲労試験装置を開発しました。

開発技術を実現する試験装置

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ