ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年4月9日

タイトル

海外から日本の技術計算環境を自在に使える基本技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、海外の設計・開発・研究拠点から、日本に設置されたスーパーコンピュータなどの技術計算環境を日本国内の拠点と同様に利用できる基本技術を開発しました。日立が有するネットワーク高速化技術とデータ圧縮技術を組み合わせて、回線帯域の大きい日本・米国拠点間のほか、回線帯域の小さい日本・インド拠点間を結ぶWAN(Wide Area Network)においても、従来比100倍以上の高速通信を実現しました。これにより、米国やインドにおいても、日本に設置された技術計算環境を利用することが可能となります。今後は、さらに世界各国でこの環境を検証・整備し、設計・開発・研究部門におけるIT・業務システムのグローバル標準化・集約化を推進します。

研究開発グループでは、今回開発したデータ高速転送技術を用いて海外研究開発拠点におけるシミュレーション活用を加速し、海外拠点で開発設計する製品の性能や信頼性を高め、日立グループのグローバル展開を支援していきます。


図1 技術計算クラウドの概要図

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • マイナビニュース (2014年4月9日)
  • ページの先頭へ