ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2019年2月5日

タイトル

小型の超音波発信機を用いて、血管内のカテーテル先端位置を検出する基礎技術を開発

リリース文抜粋

超音波発信機ありの場合、カテーテル先端位置を色と矢印で提示する。

日立は、カテーテル治療の時間短縮と低被ばく化に向け、小型の超音波発信機を用いて血管内のカテーテル先端位置を検出する基礎技術を開発しました。カテーテル先端に小型の超音波発信機を取り付け、超音波診断装置(エコー)で、その位置をリアルタイムに検出します。現在のカテーテル治療は、主にX線造影により病変とカテーテル先端の位置をモニターしながら行われますが、本技術を用いることで、X線では検出が難しかった病変にも対応が容易となり、治療時間短縮と低被ばく化が期待されます。

今後日立は、動脈硬化や糖尿病などによる下肢血管疾患を対象として、現場の医師や医療機関、さらにカテーテルを取り扱う医療機器メーカーなどと連携した研究を進め、患者負担の少ないカテーテル治療の実現をめざします。

本成果は、2019年2月5日にアメリカ合衆国のサンフランシスコで開催されるSPIE Photonics Westで発表する予定です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年2月5日
2018年2月6日
2018年2月7日
2018年2月13日
2018年2月19日
  • ページの先頭へ