ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、慶應義塾大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年2月5日

タイトル

複数セキュリティ対応チーム間で連携して迅速なインシデントレスポンスを実現する「分散型セキュリティオペレーション」を実証

リリース文抜粋

従来のセキュリティオペレーションと動的認証認可技術を用いた分散型セキュリティオペレーション

慶應義塾大学と日立は、高度化・大規模化するサイバー攻撃に対して、SOCやCSIRTなどの複数のセキュリティ対応チームが連携し、迅速なインシデントレスポンスを行う「分散型セキュリティオペレーション」構想を策定し、実証環境を構築しました。従来人手で行っていた「セキュリティインシデントの検知から専門チームに分析を依頼し、分析データの共有を開始するまでの処理」を自動化し、1秒以内に完了できることを実証しました。

今後、慶應義塾大学と日立は、今回構築した実証環境を活用して「分散型セキュリティオペレーション」を実現する技術開発を進めるとともに、本技術を日本CSIRT協議会に提案し、激甚化するサイバー攻撃の脅威に対処し、社会インフラシステムの安定運用の確保に資するセキュリティオペレーションの実現に貢献していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年2月5日
2018年2月6日
2018年2月19日
  • ページの先頭へ