ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、Partners HealthCareと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年12月12日 株式会社日立製作所、Partners HealthCare

タイトル

日立とPartners HealthCareが、AIを用いて心疾患患者の再入院リスクの高精度な予測に成功

リリース文抜粋


本AIを用いた、再入院リスク予測の活用イメージ

日立は、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクについて、その根拠を提示するとともに、高精度に予測する人工知能(AI)技術を開発しました。米国の代表的な医療機関の一つであるPartners HealthCare(PH)と共同で、PHの有する医療データを用いた効果検証を行った結果、AIが患者の再入院リスクを高精度に予測できることを確認しました。

AIが予測したリスクに応じて、適切にPHの退院後ケアプログラムを適用した場合のシミュレーションを行った結果、従来基準に比べ2倍以上の患者の再入院を防止し、1人あたり年間約80万円(7,000ドル)の医療費低減効果があることを確認しました。

今後、日立とPHは、これから入退院する患者に対する効果検証や、医療従事者による評価を進め、実際の医療現場への提供をめざします。さらに、日立は今回開発したAI技術を用いて、医療向けのソリューションを提供するだけでなく、医療データを用いた予測が活用できる、健康保険事業者や製薬、救急サービスなどへの展開をめざします。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年12月12日
2017年12月13日
2017年12月15日
2017年12月15日
2018年2月1日
  • ページの先頭へ